yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜ中国人は海外旅行でたくさんお土産を買うのか

<<   作成日時 : 2014/01/04 20:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 お正月に家内の友人の中国人女性がわが家に遊びに来た。この方は3年ほど日本のある国立大学大学院に留学に来て、現在は中国中部の歴史的由緒のある、とある中都市に住んでいる。しばらく日本に滞在する機会を得たので、久しぶりに家内を訪ねたのだ。

 彼女が話したことの中で興味深かったことの一つは、なぜ中国人が海外旅行でたくさんお土産を買うのかという話。ちなみに、日本では、かつて中国人観光客のお土産の買いっぷりが話題になった。今韓国では、日本からの旅行客が減って、日本に行かなくなった中国人観光客がその代わりに増え、韓国での海外旅行客数第1位になっていて、日本人観光客を遙かにしのぐその買いっぷりが話題になっている。

 彼女の話だと、日本では人にお土産を持って行くのに、気持ち・誠意が大切とされ、そのお土産の金額は必ずしも重視されない。ところが中国ではそんなことはありえず、そのお土産の金額=誠意の量であり、安いお土産を持って行くことはそれだけ誠意がないということになってしまうという。
 従って人間関係を維持するためには、特にお世話になる可能性の高い親族や取引先等との関係維持のためには、毎年一定額のそれなりの金額を費やさなければならないのだという。
 従って、どうせ毎年一定額の金額を使わなければならないなら、海外旅行に行ったついでに買おう、さらに中国で高く売っているものが安く買えるなら、さらに家計への負担も軽くなる、というわけで海外旅行に行くと山のような買い物をして帰るということになるのだという。

 まぁ、日本はその需要を全て逃すという選択を取った訳だが...

 彼女自身は旅行に出たときは、余り物を買うことには興味がなく、どちらかといえば現地でゆったり時間を過ごしたり、食事を含めた何か体験することを重視したい方だそうなのだが、やはり日本に来た以上は何か買い物をして帰らなければならない。というわけで、お正月の福袋をいくつかゲットして帰られた。

 因みに、今中国では果物の値段が高いという。リンゴ1個が日本円相当で50円ぐらいするので、現地の物価水準ではかなり高いという感覚。例えば日本の桃などは、中国の桃に比べ格段に美味しいので、輸出競争力はあるかも、という話。因みに日本の米も輸出されているが、現地の価格は日本の価格の2倍。現地の物価水準を考えるとめちゃめちゃ高い。中国では経済格差が大きいので、中国の米よりも日本の米の方が安全だとわざわざ購入して食べる富裕層もいないことはないが、所詮その需要は限られているという。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。楽しく読ませてもらいました。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。
萌音
2014/02/09 11:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
なぜ中国人は海外旅行でたくさんお土産を買うのか yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる