yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ユニクロ帝国の光と影』名誉毀損訴訟でユニクロ完敗

<<   作成日時 : 2013/10/28 08:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 東洋経済オンライン2013.10.28付記事で、文藝春秋から刊行された横田増生著『ユニクロ帝国の光と影』に対するユニクロの名誉毀損訴訟の1審判決(10/18 東京地裁)で、ユニクロ側がほぼ完敗という内容が報道されている。

「一審判決は「完敗」 どうする、ユニクロ」(東洋経済オンライン2013.10.28)
http://toyokeizai.net/articles/-/22631

 ユニクロのビジネスモデルは、経営的には高く評価されてはいるものの、改めてその非人間性が確認されたと言える。ワタミなどもそうだが、このような人間搾取を前提としたビジネスモデルを、わが社会としてどう考えるべきか改めて問うべきなのではないだろうか。
 つまり企業から搾取される奴は、自己責任だから搾取されて当然で済ませて良いのか、ということである。どうも今の日本は、社会全体として日本社会の「韓国化」を目指しているとしか思えない。

 そしておそらく「アベノミクス」は、解雇特区を提起するなど、このような非人間的ビジネスモデルを奨励する立場であるものではないだろうか。衆院選で安倍首相はアベノミクスで国民一人当たり年収は150万円増えると宣伝し、後にその発言を撤回したが、真意は、国民を搾取して、国民から一人当たり150万円企業が儲ける、ではないかと疑っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『ユニクロ帝国の光と影』名誉毀損訴訟でユニクロ完敗 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる