yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島放射能汚染水垂流しと金正恩、どっちが危ないか?

<<   作成日時 : 2013/09/04 12:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日の韓国語講座で出た話である。この講座のネイティブの先生は日本に2年間の予定で仕事で駐在されている方。その方が、最近韓国のトップニュースで連日報道されているのは福島原発放射能汚染水垂れ流し(8/20に東京電力発表)の動向だという。この報道のため、韓国では水産物の売り上げがいきなり1/10に減少、鮮魚店や海産物を売り物にした飲食店の中には店を閉めるところも出ているという。
 韓国では、魚の多くは黄海や日本海で取っているはずで、太平洋側とは海流が異なるため、放射能汚染の影響はほとんどない筈である。現に韓国政府もそのように説明し、風評被害拡大防止に努めているそうだが、韓国の消費者には全く効果がないという。魚の中には日本から輸入されているものもあるかもしれない、というのが彼らの心配の理由である。

 彼自身、韓国で連日トップで汚染水垂れ流し問題が報道されているので、汚染水問題が明るみに出てからは自分の家でも日本のスーパーで魚を買わないようにしているという。しかし、彼にとって驚くべきことは、放射能垂れ流しが明るみになっても、日本のスーパーで全く魚の売り上げが落ちていないということだという。

 その彼が、先週1年ぶりに韓国へ一時帰国し、友人たちと会食をした際、しばらく日本で魚を食べていないので、放射能汚染の危険性の少ない韓国の魚なら大丈夫だろうからヘムルタン(海鮮鍋)を食べたいと言ったところ、友人たちから「お前気が狂ったか」と言われてしまったという。

 そして、日本人は大丈夫なのか、と問うので、私は、日本人から見れば、金正恩が核実験をやったり休戦協定を破棄すると発言しても、ソウルの人が平気で街を歩いているのが信じられないのと同じではないかと言った。すると確かに、韓国人なら金正恩が何かやらかしても、またかと聞き流すのに、日本の職場では日本人は、北朝鮮の核実験ニュースに非常に敏感に反応している、それを考えるとなるほどそれと同じかもしれない、という話で終わったのだが...

 しかし、よく考えると福島の放射能垂れ流しと金正恩、どちらがより大きなリスク要因なのだろうか?

 福島原発の放射能垂れ流しが大きく報道されているのは、韓国だけではない。8月30日付の朝日新聞「池上彰の新聞ななめ読み」では、池上彰氏が、海外メディアでは「フクシマ・リーク」として重大ニュースとして伝え、国内でも毎日、東京新聞はトップで大きく伝えているのに、朝日新聞は極めて小さくしか扱っていないと、朝日新聞の報道姿勢を厳しく批判している。また新聞の投書欄でも、ドイツ在住の方がドイツメディアでは韓国同様、福島の汚染水の動向を連日トップで報道しており、日本人は危機意識がなさすぎるのではないかと憂慮する投書をしている。

 日本と韓国、一体どちらが「冷静」で、一体どちらが「ゆでガエル」化しているのだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島放射能汚染水垂流しと金正恩、どっちが危ないか? yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる