yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 池上彰による日米関係異変兆候見逃しへの警告

<<   作成日時 : 2013/06/28 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 6/28付け朝日新聞の連載、「池上彰の新聞ななめ読み」は、日本の新聞各社(もちろん朝日を含む)の報道に対する池上彰による容赦ない批評が掲載され、非常に楽しみに読んでいる。

 ところで、本日付の「サミットの日米首脳会談見送り - 何のために同行したの?」では、池上彰氏による、ひょっとすると今後重大な結果につながる可能性のある、日米関係異変の兆候かも知れない事態を、日本のメディアが見逃していることへの苦言が載っていた。
 その兆候とは、イギリスの北アイルランドで行われたG8サミットで安倍首相がオバマ大統領と個別の会談を行わなかったこと。フランスのオランド大統領とのように、直前に首脳会談をやっているのならともかく、今回のG8で安倍首相がオバマ大統領と会談を避けたのは、極めて異常な事態であるのに、朝日を含むどのメディアもその異常の重大さを見逃しているという、極めて手厳しい批判を池上氏は行っている。同記事で

 「6月19日付朝刊の朝日はこう説明しています。<首相は『経済政策を論議したいという国を優先したい』として日米首脳会談を見送り、ドイツやイタリアなどと首脳会談を相次ぎ実施。経済政策のスタンスで温度差のある欧州の首脳に働きかけたのだ> アメリカ以外の国を優先したというのです。これが本当の理由だとしたら、歴代の日本の首相では考えられない行動です。アメリカ大統領を軽視してるように見えるからです。朝日の記者は、首相に同行しているスタッフから、こういう説明を受けたのかも知れませんが、これを真に受けたのだとしたら、新聞記者として、いささか甘いのではないでしょうか」

と手厳しく批判。
 また産経も読売も見逃していることを批判し(それ以外の他紙は出ていないがおそらく日本の全新聞、通信社も同様なのだろう)、「せっかく同じ場所にいるのに『実利を重視して』会わない。こんな不自然な事態を追求しない新聞記者は、何のために首相に同行したのでしょうか」と手厳しい言葉で結んでいる。

--------------------------

 これは全くの推測に過ぎないが、先日も触れたように、日本に引きずられる格好で中国との関係悪化、さらに紛争に巻き込まれることを怖れるアメリカは、安倍政権に対し、安倍政権にとって極めて「不都合」かつ「不愉快」な要求を突きつけたのではないだろうか。
 それに対する不愉快の表明として、あるいは、参議院選挙前にその要求を「正式に聞いた」という形を避けるために、オバマ大統領との会談から「逃げた」のではないだろうか。だとすれば、ひょっとすると、池上氏が指摘した事態は、対中国を巡る日本の安全保障体制に対して大きな暗雲がかかりつつある兆候である可能性を否定できないのではないだろうか。

(池上彰の新聞ななめ読み)サミットの日米首脳会談見送り 何のために同行したの?(Yahooヘッドライン)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130628-00000001-asahik-soci

当ブログ関連記事

「米議会調査局「安倍首相国益損なう」をどう解釈するか?」
http://yohnishi.at.webry.info/201305/article_3.html

「日米関係: 議会にとっての問題」
http://yohnishi.at.webry.info/201305/article_6.html

「『日本は右傾化していない』って本当か?」
http://yohnishi.at.webry.info/201306/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
池上彰による日米関係異変兆候見逃しへの警告 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる