yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 都民は猪瀬知事のオウンゴールを生温かく見守ろう

<<   作成日時 : 2013/04/30 21:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 4月30日のNHK朝のニュースによれば、オリンピックの東京招致をすすめていた猪瀬東京都知事が思いっきりオウンゴールを決めたようだ。

 NHKの報道によれば猪瀬東京都知事がニューヨークタイムズのインタビューの中で、オリンピック開催地選考ルールで厳しく禁止されている、他候補地のこきおろしを思いっきりやってしまったようだ。

 NHKのニュースに引用されていたニューヨークタイムズ記事とは、ケン・ベルソン記者による4月26日付のこちらの記事のようだ。
http://www.nytimes.com/2013/04/27/sports/in-praising-its-olympic-bid-tokyo-tweaks-the-others.html?ref=kenbelson&_r=0

 この記事によると、猪瀬知事は東京を不躾(blunt)かつあからさまに(candid)他都市と比較する中で、特にイスタンブールを、ゲームを主催するには開発が遅れインフラが不十分と批判し、オリンピック招致競争のルールを踏み越えたという。
 猪瀬知事はニューヨークタイムズのインタビューの中で、時にはブラジルのような初開催地もいいだろうが、イスラム諸国は、アラー以外に共有するものはなく、お互いに争っており、階級もあると批判。
 その後、猪瀬のイスタンブールに対する批評について、猪瀬のスポークスマンは、猪瀬の意図は単に最初のイスラム諸国というだけで、オリンピック開催都市になる資格としては不十分だという意味だったと弁解、さらに、「階級」については言及していない、と述べたという。

 この記事によれば、オリンピック招致立候補規定の第14条で、立候補都市に対して、他の候補都市を貶めたり、偏見を与えるような、いかなる行為やコメントも自制を求めており、他都市との比較も厳しく禁止されている。このようなコメントによって立候補から外されることはまずないが、IOC代表委員の、立候補都市に対する信頼を著しく損ねる行為であるという。

 またニューヨークタイムズのインタビューの中で猪瀬知事は、優れているという意味で日本のユニークさを強調、さらに、イスタンブールが、トルコが若い世代が多い国という点で、IOCの中で好意的に見られている点も、日本は長寿の国であって、健康で長生きできるということに意味があり、若者が多くても早死にでは無意味だと一蹴したという。さらに、記者たちに対し、猪瀬知事は「おだてるつもりはないが、先進国であるロンドンのホスピタリティは素晴らしく、東京も素晴らしい。しかし他の都市はそうではない」と述べたという。

 このニューヨークタイムズの記事を見る限り、猪瀬知事のオリンピック立候補規定への抵触は、言い逃れのできない水準であるようだ。猪瀬知事が思いっきりオウンゴールを決めてしまったことは否定しようがない。

 もし、猪瀬知事が、この規定を知ってか知らずかはともかく、うっかりこのような発言をしたとしたら、猪瀬はとんでもないただの馬鹿なゴーマン野郎だった、ということになる。だが、もし猪瀬直樹がただの馬鹿だったとしたら、そんな馬鹿を知事に選んだ東京都民は、もっとタコだったということになろう。だが、東京都民は自分たちがそんなタコであったことを認めるには忸怩たるものがあるのではないのか?

 もし、東京都民はそんなにタコでなく猪瀬もただの馬鹿でないと信じたいならば、彼の発言は意図的なものと解釈するしかない。では、オリンピック立候補が台無しになることを知りながら、なぜ彼はあんな発言をしたのか?

 そう考えると、やはり猪瀬は内心オリンピック招致に反対していたのだろう。特に石原前都知事は前回の招致活動に身内企業に莫大な金を落としていたことが明らかになっており、大きな問題になっていた。猪瀬は内心その公私混同を苦々しく思っていたのだろうが、石原都政の後継者として立候補した以上、あからさまにオリンピック招致を否定するわけにもいかない。そこで、自らが悪者になってオウンゴールを思いっきり決め、問題の多いオリンピック東京招致活動を台無しにすることで、この悪循環を絶とうと決意したのであろう...

 東京都民が自らがタコではなかったと思えるには、このようにでも信じて、猪瀬知事のオウンゴールを温かく見守り、東京オリンピック招致に失敗して余計な税金を使う必要がなくなり良かったと、良い方に考えるしかないだろう。
 もちろん、猪瀬知事は立場上、意図的にオウンゴールを決めたわけではないと言い訳するだろうが、それは彼の立場上仕方のないことだ。彼の表面的な釈明にとらわれず、彼の深い「真意」を読み取り、彼の決めたオウンゴールを応援するのが都民としての「正しい」態度だ。

「ゴーマンかまして良かですか」<「どうぞどうぞ、オリンピック招致が台無しになって良ければ」




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
結果オーライですが、猪瀬直樹=傲慢なバカ、東京都民=タコ説は正解です。東京都民である私にはよくわかっています。他府県からの転居者が多いためもあるでしょうが、都知事なんて誰がなっても関係ないと思う方が多いように感じます。
東京都民
2013/05/03 02:11
東京都民様、コメント有難うございます。

私は、オリンピック東京招致を推進するふりをしつつ、招致潰しに狂奔する猪瀬知事をあくまで、応援しております。道路公団民営化問題の時のように猪瀬知事が一つでもムダな公共事業を潰していくことを期待しています。

もし日本国民が本気で東京にオリンピックを招致したいなら「猪瀬知事罷免運動」でも行って、国際的なアピールをしない限り、到底成功はおぼつかないでしょうね。

猪瀬知事を応援する私にはそんな気はさらさらありませんが...
yohnishi
2013/05/03 08:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
都民は猪瀬知事のオウンゴールを生温かく見守ろう yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる