yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS みんなの党代表渡辺発言、極くまっとうなのでは?

<<   作成日時 : 2013/02/12 18:07   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 読売新聞オンライン版の「苦り切る石原氏、渡辺代表に『癖ありすぎだ』」という以下の記事(2013.2.12付)、
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130210-OYT1T00326.htm

>渡辺氏の発言に苦り切った石原氏から「癖がありすぎだ」と苦言を呈されても、「石原さんも相当くせ者。理念も政策も>何でもいい古い自民党政治を体現している」とテレビ番組で言い返すなど、ひるむ様子はないようだ。渡辺氏の発言
>の背景には、国民の人気が高い石原、橋下両氏がいる維新の会と合流したら、埋没しかねないとの危惧もあるよう
>だ。

> 「口撃」の矛先が、自らの配下に向けられていることも波紋を広げている。

という書きっぷりは、みんなの党の渡辺代表が、相当変な人物であるような印象を与える。
だが、渡辺代表の、

>「政策の一致なしに選挙協力はあり得ない。こんなのは野合だ。政策が一致する範囲で住み分けるだけだ。向こうの
>タマ(候補者)がそろうまで、いつまでもこちらは待たない」

>5日のBSフジの番組でも、原子力発電所再稼働を求める石原氏らを念頭に「維新の中には、原発続行という方々が
>いらっしゃる。原発ゼロはたぶん一致しない」と指摘した。

という発言は、極く当たり前な、まっとうな発言ではないのか?

私は必ずしもみんなの党を支持するわけではない。しかし、ごく当然の発言をする政治家を異常扱いする読売新聞の記事には疑問を呈さざるを得ない。もともと読売新聞は強硬な原発推進勢力。反原発政治家を追い落とそうとする悪意を感じるなというのが、無理というものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
みんなの党代表渡辺発言、極くまっとうなのでは? yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる