yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『Gabi -国境の愛-』

<<   作成日時 : 2013/01/26 07:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 1990年代の韓国映画でいち早くスタイリッシュな映像を提示して話題となった『接続』や
映画版『ファン・ジニ』を監督した、シネマ・サービス副社長も務める、チャン・ユニョンによる娯楽作。朝鮮朝末期の日本-朝鮮-ロシアを巡る駆け引き、極東西部劇を珈琲を通して描く。WOWWOWで放映されたほか、来月には国内盤DVDの刊行が予定されているようだ。

あらすじについてはこちら(WOWWOW)
http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/102154/index.php

 チャン・ユニョン監督の作風は映画版『ファン・ジニ』を見たときは、可もなく不可もなし、ちょっとゆるい、という印象だったが、本作に関してもいろいろと材料を盛り込んでいる割には、設定・プロットに今ひとつメリハリがなく、焦点がぼけたゆるい作品という印象は変わらない。

 素材としては決して駄目ということはない。しかし、朝鮮王朝で二重スパイとしての任務を果たさなければならないターニャ、そして日本の手先として働くイリッチの造形・心理描写の弱さが本作品の決定的な弱点。
 そもそもなぜターニャやイリッチが日本の手先としてあそこまで働かなければならないかという動機付けが弱い。ターニャの命を救ってくれた借りということにはなるが、内心日本に反感を持っていたはずの二人が、なぜあそこまで継続して忠誠を誓わなければならないかが説得力がない。二人、特にターニャが二重スパイとして働く緊張感を描くには、例えば『インファイナル・アフェアー』や『義兄弟』のような必然性や精神的葛藤が必要と思われるのだが、所詮借りを作って仕方なく行動している日本に忠誠心を持ちようのない二人に精神的葛藤を求めようがなく、話が上滑りしている。敵に魅了されてしまう精神的葛藤描写はロウ・イエの『パープル・バタフライ』やアン・リーの『ラスト・コーション』あたりを見て勉強してほしい。
 但し『接続』以来のスタイリッシュさは本作も受け継いでいる(今から考えると『接続』も心理描写面でやはり詰めが甘い面があった)。空間描写へのこだわりも分かる。ただCGの列車表現のちゃちっぽさはいただけない。

 そもそもチャン・ユニョン監督の持ち味はスタイリッシュさである一方、設定やプロット、そして心理描写の綿密さという点では隙が目立ち、あまり歴史劇を扱うのに向いた作風だとは思えない。アイディアとしては悪くないのだが、脚本の練りが足りない。

 因みに韓国盤の特典映像の中で가비(Gabi)に「加非」という漢字を当てていたが、これは珈琲の日本式漢字表現である「珈琲」の韓国語読みのはず。因みに現在の韓国語では、英語のcoffeeの音に近い韓国語の読みを当ててハングルで카피(Kapi)と綴る。そこからもやはり詰めが甘いと言わざるを得ない。

 また日本人観客からは登場人物のしゃべる日本語が下手すぎる点も失笑を買いそうだが、これは国内盤では吹き替えで対応してくるかもしれない。ただ一応韓国を代表する映画会社であるシネマサービスなのだし、7-80年代の韓国映画ではないし、もうちょっと考えてほしい。その中では日本留学経験のあるキム・ウンスの日本語が一番ましであるが、それにしても彼にネイティブの日本人を演じさせるのはいくら何でも無理であろう。やはり日本人俳優を起用してほしいところだ。もっとも、キム・ウンスは、声も雰囲気も大杉漣に非常に似ているのだが。日本に心酔しているサダコ(ユソン)もターニャ以上に日本語が流暢でなければならないはずだが、あの日本語レベルでは説得力がない。

 本作の評を簡単に要約すると、題材・テーマ: ユニークさは高評価、映像: スタイリッシュだがどこか底が浅い、脚本: 登場人物の心情描写に説得力なく、それがストーリー全体として説得力を失わせている、演出: 日本人の観点からは、日本語が流暢なはずの人物の日本語がぎこちない点が、演出全体の印象を大きく引き下げている。

 本作は2012.3.15韓国封切り。韓国での観客動員数は、27万602人(KOBIS2012年末データ)。国内ではWOWWOWで2013年1月放映されたほか、2013年2月にDVDリリース。

原題『기비』英題『Gabi』監督:장윤현
2012年 韓国映画 カラー 115分

2012年6月 韓国盤DVD化 韓国映画評
http://yohnishi.at.webry.info/201206/article_20.html



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『Gabi -国境の愛-』 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる