yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS オバマ当選、いいのやら悪いのやら

<<   作成日時 : 2012/11/08 08:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 アメリカ大統領選でバラク・オバマ大統領が再選された。

 個人的には、新自由主義政策を掲げるであろう共和党の政策より、民主党の福祉国家路線の方が、アメリカの国民にとってはよりましな選択であると考えており、おそらくアメリカ国民は比較的賢明な選択をしたであろうことをお喜び申し上げたい。

 とはいえ、それが本当にアメリカの将来のためになっているのかというと、良くわからない。

 共和党支持者の中には、本当は彼らの利益にならないにもかかわらず、宗教右派や大企業の金力づくしの選挙CMにだまされて共和党支持者になった、中・低所得層がかなり含まれているはずであり(これは日本人も、他人のことを笑える状態ではない)、そういった層に支えられて共和党は全力で民主党の政策を妨害しようとしてくるだろう。

 経済学者のポール・クルーグルマンは次のように嘆いていた。共和党ら右派はオバマが決定的な政策を打ち出せなかったと批判しているが、そもそもオバマが決定的な政策を打ち出そうとするとそれをことごとくつぶしてきたのは共和党であり、今までの経済政策がうまくいかなかった責任の半分は、オバマ政策を邪魔してきた共和党にあるくせに、オバマにすべて罪をなすりつけるな、と。

 今後、オバマは、政権を担当するにせよ、共和党の反発を怖れますます思い切った政策が打ち出しにくいだろう。そしてそれに起因する政策的失敗のすべてが民主党の福祉国家路線のせいにされてしまうという悪循環は絶てないのではないか。

 そういう意味では、今回の選挙で共和党が勝ち、メディ・ケイドの縮小・廃止等、弱者切り捨ての新自由主義経済政策を徹底的に推し進めて、さらにアメリカ社会の格差を拡大し、社会を破壊することで、共和党ならびに新自由主義政策が決定的にダメだとアメリカ国民に骨の髄まで思い知らしめた方が、結果的にはアメリカの将来のためになるような気がする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オバマ当選を巡って
 先日のブログ記事にオバマ当選、いいのやらと書いたところ、9日付の朝日新聞に解説記事が出ており、その中で東大教授の久保文明氏が、なんだかんだ言ってもアメリカ経済は緩やかながら景気回復フェーズにあり、ここで当選した候補が、自分の政策が正しかったと正当化できる局面にあること、そしてここで政権を取った側の経済政策が今後当面のアメリカの経済政策の方向性を決定づけるので、どちらの陣営にとっても負けられない闘いだったと解説していた。 ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2012/11/11 21:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オバマ当選、いいのやら悪いのやら yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる