yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国の交通カード事情(まとめ)

<<   作成日時 : 2012/08/23 19:33   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 3 / コメント 0

以下、旅行者向けに韓国交通カード互換性事情を簡単にまとめてみると...

2006年に韓国産業資源部がまとめたKS X 6923(及びISO 14443)規格準拠のスマートカードであれば、センスパスカード等一部使用地域を除いてどこでも使える。現在これに対応しているのは2007年以降発行の、韓国スマートカードの、スマート型T-moneyおよび、イービー、マイビー発行のCashBeeカード準拠の各スマートカード。

但し、センスパスカード使用地域では、韓国スマートカードのソウル都市圏向けスマート型T-money以外互換性がない。また積み増しに関してはセンスパスカード使用地域でもソウル向けT-moneyは積み増しできない。ソウルにいる間に積み増ししておく必要がある。ただ、センスパスカード使用地域でも2013年には互換性の範囲を拡大する計画があるようだ。

またマイビー事業地域でも旧ピッコウル/現ハンペイカード事業地域(光州)では旧型マイビーカードとの間でしか互換性がない

さらに、カードネットのテギョンカードは、韓国のどのカードとも全く互換性がない孤立状態。現在テギョンカードしか使えない地域は慶尚北道の永川市。

2006年以前発行のスマートカードやICメモリカードに関しては、地域の互換性拡大の歴史によって使えたり使えなかったりする。

とりあえず現時点で最も互換性の高いのはソウル向けスマート型T-moneyカードということになるだろう。但し、それでも光州、慶尚北道永川では使用不可能。マイビー利用地域では、互換規格カード発行以前から端末機が設置されている一部地域でも、他カード使用不可地域がある。

 また一部にはそもそも交通カード未導入地域がある。韓国観光公社が発行しているコリアパス外国人旅行者向け交通カードはイービー提供のキャッシュビー規格カードだと思われるので、センスパスカード使用地域およびT-moneyが使えない地域では使えない可能性が高い。
 ただ、2013年にさらに交通カードの互換性拡大が予定されているようなので、今後どうなるか。

なお、面白いことに、交通カード事業者が林立している慶尚道地域では、業者間の競争(紛争?)のあおりを受けてか、カード未導入地域が目立つ。自由市場競争が必ずしも最適な利便性を生み出す訳ではないという好例。

 とりあえずここまで調べてきて気づいたのは、韓国の交通カードシステムは元々ヨーロッパから導入したフィリップスの非接触式ICカード技術を用いていたこともあって、きちんとISO規格に準拠したシステム開発をしている。それに対して、日本の交通カードシステムの基盤になっている、ソニーが開発したFelica技術はISO規格にするのに失敗している。だから韓国の交通カードシステムは海外展開を図れるのに対し、日本の交通カードシステムはガラパゴス化している。
 おサイフケータイ機能も韓国の携帯電話にはあるが、日本の機能は携帯電話にFelicaチップを埋め込むことで実現しているのに対し、韓国の場合はSIMに埋め込んで実現している1)。この点でも韓国の方が国際展開に有利であるように思われる。
 いやガラパゴスで繁栄しているのならいいが、バス・マネージメント・システム全体の観点から言えば、もはや韓国のバスシステムの方が先進的で、日本は遅れており、文字通り単なる島国根性の中で閉塞している。

 いまや日本の交通カードシステムの利点として言えそうなのは、韓国のシステムよりカード認識が早い程度だろう。それ以外ではあらゆる面で遅れていると言っても過言ではない。

 結局日本は個々のデバイス開発技術は優れているのかも知れないが、それを組み合わせてどういうシステムを組むのかとか、どういうサービスや利便性の方向を目指すのかというヴィジョンを作る部分で、もはや先進的とは言えない、という他の電気製品等でも言われている話が、やはりここでも適用できるということのようである。

▼韓国交通カード普及地図
画像

青: ソウルバス事業者協会(ソウル交通カード&U-pass)および韓国スマートカード(T-money)主事業者地域
紫: 韓国スマートカード(T-money)主事業者地域
水色: センスパス (Senspass T-money)主事業者地域
濃緑色: ハナロカードおよびマイビー(マイビー&キャッシュビーカード)主事業者地域
緑色: マイビー(マイビー&キャッシュビーカード)主事業者地域
薄緑色: Han-payカード(旧マイビー・ピッコウルカード)主事業地域
黄色: イービー(イービー&キャッシュビーカード)主事業者地域
赤: カードネット(テギョンカード)およびユー・ペイメント(Top Passカード)主事業者地域
薄赤:カードネット(テギョンカード)主事業者地域
灰色: 未導入地域

白地に■が表示されているもの: カード導入予定で事業者決定済み地域
※いずれも2012.8現在
※他カードとの互換使用状況に関しては、下記の表を参照のこと


地域別 利用交通カード一覧表(2012.8現在)
 ※クリックして表を拡大
画像
※Web上の文書では確かめられなかったが、これ以外にも互換性のある地域はあるかも知れない。例えばキャッシュビー規格の新ハナロカードは、EB(キャッシュビー)通用地域で利用できてもおかしくはない。



Wikipedia韓国語版の各地域のバス事情記事等を参考に作成

1) Wikipedea日本語版「Tマネー」項目参照。

前回記事
http://yohnishi.at.webry.info/201208/article_13.html

韓国バス事情
http://yohnishi.at.webry.info/201208/article_10.html
http://yohnishi.at.webry.info/201208/article_11.html
http://yohnishi.at.webry.info/201208/article_12.html

国土交通省 IC乗車券等国際相互利用促進方策検討委員会『最終報告』
(2007年現在だが、世界の交通カード事情が載っている)
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha08/01/010324_3_.html





※2014.1付記
2014.1現在の韓国交通カード事情に関しては下記参照
http://yohnishi.at.webry.info/201401/article_5.html
http://yohnishi.at.webry.info/201401/article_7.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
韓国の交通カード事情
 今回旧型T-moneyが使えたり使えなかったりしたので、韓国交通カード事情はどうかと思って、主にWikipedia韓国語版の記述を見ながら動向をまとめてみた。 ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2012/09/03 15:26
韓国交通カード互換状況 2014.1
 以前、韓国の交通カード互換状況についてレポートしたが(2012年夏現在の情報)1)、その中で2013年中に韓国全国交通カード互換化計画がある旨報告しておいた。 ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2014/01/10 00:44
全国互換といいつつ互換でない韓国の全国互換交通カード利用状況
 2013年末に釜山を皮切りに発行され始めた韓国の「全国互換交通カード」。以下韓国に居住していないと持てない後払い式 (クレジットカードタイプ) の交通カードを除いた、先払い式 (現金を予めチャージして使用するカード) に話を限定する。  韓国のサイトを見ていると、全国互換カードの利用が始まった、始まったという宣伝や報道資料は見るのだが、よく調べてみると、必ずしも「全国互換カード」1枚持てば、すぐどの地域の交通機関に乗れる訳ではなさそうなのである。どうやらこのカードは全国互換といいつつ互... ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2015/05/18 18:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国の交通カード事情(まとめ) yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる