yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『常緑樹』- イム・グォンテク監督文芸映画時代の一作

<<   作成日時 : 2012/06/26 05:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

画像 1970年代、当時の韓国政府が映画の輸入量を規制するため、一定の国産文芸映画を製作した会社に、それに応じて輸入割当を与えるという規制をかけていた時代があった。イム・グォンテク監督が、生活のために闇雲に映画の大量生産をしていた時代から、自分の映画スタイルを見直せたのはこの時代に興業成績を余り気にせずに文芸映画に取り組めていたからと言われている。
 本作は梶山季之原作の『族譜』と同年に製作された文芸映画で、原作は沈薫(シム・フン)。

 日本植民地下の朝鮮。人々は容赦なく農民から土地を取り上げる日本の横暴を嘆いていた。そんな折、新聞社主催の学生啓蒙運動に参加した、貧しい漁村出身のドンヒョク(キム・ヒラ)はやはり参加者で金持ちの娘ヨンシル(ハン・ヘスク)に出会った。ドンヒョクは農村の啓蒙を説くチェ教授に対し、単に農村を研究対象としてしか見ていないと批判し、実践運動の重要性を説く。そんなドンヒョクの姿にヨンシルは惹かれていくようになり、やがてお互いに意識し合う仲に。二人は卒業後は農村に戻り農民運動に従事することを誓い合う。
 大学を中退したドンヒョクは故郷の農村に戻り農民運動に奔走し、ヨンシルも京畿道の田舎である青石コル村にあるキリスト教会の礼拝堂を借り、貧しくて公学校に通えない子供たちのための学校を開く。
 だが、ドンヒョクの農民運動は地主の妨害に遭いなかなかうまく進まない。ヨンシルの学校も官憲の妨害にあって苦労を強いられる。そんな折、健康を害したヨンシルは静養を兼ね、ドンヒョクのいる村にやってくる。
 ドンヒョクの母親や周囲は、すっかりドンヒョクのガールフレンドが来たと合点して大歓迎するが、実はドンヒョクとヨンシルはお互いに心の中で慕い合い、意識するようになっても、自分たちの気持ちを明確に伝えることはしていなかった。
 やがて健康を取り戻したヨンシルは、実は親が決めた検事の許嫁がいるのだとドンヒョクに告白し、ドンヒョクは大きな衝撃を受ける...

 『族譜』に引き続き、日本植民地時代の朝鮮人の対日抵抗運動を描いた作品。倫理的制約・古典的道徳意識から自由になれず、自分たちの愛情にストレートになれない男女のもどかしい思いを、日本の官憲や日本に結託する地主によって妨害され、うまくいかない対日抵抗農民運動のもどかしさと絡めて描いた作品。
 それなりに味わいのある作品ではあるが、後年のイム・グォンテク監督の人物描写に比較すると、やはりいささか単純で図式的である点は否めない。この作品に出てくる日本は、具体的な日本人というよりも、日本=体制側と結託する朝鮮人地主だったり、朝鮮人巡査だったりするので、左翼家族の師弟として苦労したイム・グォンテク監督にとって、日本そのものに反感を持っている、というよりは、彼の家族を弾圧した体制の象徴として「日本側」を描いているようにも思える。

 ともあれイム・グォンテク監督のこの時期の代表作の一つに数えられているようなので、韓国の映画史に関心があり、韓国語の分かる方には一見をお勧めしておきたい。

 1978年5月4日韓国封切。なお本作は1961年シン・サンオク監督によって一旦映画化され、本作はそのリメーク。ちなみにシン・サンオク版に関しては国内映画祭上映&ブロードウェイから国内VHSが出ていたが本作の方は国内未公開のようである。

 なお韓国盤DVDはMovie Plexの韓国映画コレクションのもので、画質的な期待は困難。それでもLD程度の解像度はある感じで、思ったよりは見られる。KMDBのデータによるとオリジナルの画面サイズはヨーロピアンビスタのようだが、マスターはCS放映用のテープのようで、1:1.33に端が切られている。たださほどひどく切られたという感じはない。また上映時間もオリジナルは115分、ケースにもそうあるが、実際には105分ほど。最初のタイトルを除いてクレジットタイトルが完全に切り取られており、さらに末尾も「終わり」という文字がビデオインポーズで入れられているので、全体で10分程度短縮されていることは間違いない。
 画面のノイズに関してはリールの始めと終わりは、埃、スクラッチノイズがかなり激しいがリールの中間は比較的ノイズが少なく、とりあえず全体の物語把握には問題ないレベルと言えよう。但し字幕は一切ないので、韓国語の聞き取り能力が要求される。

原題『상록수』英題『Evergreen』監督:임권택
1978年 韓国映画 カラー 115分

DVD(韓国盤)情報
発行・販売:Movie Plex 画面: NTSC/4:3(1:1.33) 音声: Dolby1 韓国語 本編105分(収録実時間)
リージョンALL 字幕: なし 片面一層 2012年 5月発行 希望価格W16800

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イム・グォンテク監督の『族譜』が日本語字幕付きDVD化!
 1978年にイム・グォンテク監督が撮った彼の67番目の映画作品。原作は梶山季之の同名の短編小説。創氏改名を迫られて苦痛の決断を下したある地方名望家と彼の創氏改名を迫られた日本人職員の苦悩を描く。 ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2013/01/19 05:04
韓国映画『チャッコ』 - 日本語字幕付きでこの幻の名作を見られる幸福
 日本国内未公開のイム・グォンテク監督、1980年の名作『チャッコ』。Seoul Selectionから出版されているKorean Film Directorシリーズのイム・グォンテクの巻を読んで、是非本作を見てみたいと切望していたが、ついに日本語字幕付きDVDで対面することができた。 ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2013/01/25 18:40
『往十里(ワンシンニ)』 - 日本語字幕DVDで見られるイム・グォンテク監督転機の一作
 1976年に封切られたイム・グォンテク監督が手がけたメロドラマで彼の60番目の作品。興行的には当時失敗に終わったが、イム・グォンテク監督にとっては後述するように、新しい出発を決意する契機となる作品だったようだ。 ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2013/02/11 01:24
『曼陀羅』 - 初めてイム・グォンテクの名を国際的に知らしめた映画
 1981年、イム・グォンテク監督による仏教映画。本作品は、ベルリン国際映画祭に最初に出品された韓国映画として知られ、彼の名をはじめて欧米映画界に知らしめた作品。原作は、キム・ソンドン(金聖東)の同名小説。戒律を守って修行のために諸国を行脚する若い僧と、戒律を破って修行の行脚を続ける破戒僧との一種の仏教ロードムービー。また、アジア映画社の配給で日本国内一般劇場配給されたことがある。 ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2013/02/23 00:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『常緑樹』- イム・グォンテク監督文芸映画時代の一作 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる