yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月韓国盤DVD化、韓国映画評

<<   作成日時 : 2012/05/30 06:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2012年5月以降に韓国でDVDとして刊行された(される予定の)韓国映画の、韓国の映画情報サイト、シネ21(一部ダウム映画)における評価を以下にまとめてみた。以下、発行日は Yesasiaサイト記載の発行日、分野はシネ21の区分によるもの、評価平均は評論家及び一般ネチズン評価の平均値(満点10点)[下段はDaum]、投票総数は評価投票の総数で( )内は評論家の投票数[下段はDaum]、評論家評価平均はシネ21が選定した評論家の評価平均値、評価幅は評論家の最低評価-最高評価点、代表的な声は、評論家および一般ネチズンによる映画の一行評を見て、筆者がだいたいの傾向と思われるものを記述。
 
 なお、廉価版DVD再発の映画は除外している。

 一般的にはシネ21は映画マニアを自認する人がアクセスする傾向が強く、Daumはより幅広い層がアクセスする傾向にある。シネ21の評価が高く、 Daumの評価が低い場合はシネフィル向きのアート映画、逆にDaumの評価が高く、シネ21の評価が低い場合は娯楽プログラムピクチャーだと推測できる。また、評定者数が少ない場合は当然誤差が大きくなる。特にDaumで評定者数が1桁の場合は高得点が出る傾向にあるので注意。

 5月の話題盤はさほど大ヒットではないものの、チョ・スンウが主演した野球映画『パーフェクトゲーム』。チョ・スンウの演技が好評のようだ。Daumで8.9、Cine21では7.98と比較的高い評価。次に注目度が高いのが『パパ』だが評価は微妙。
 他はいずれもマイナーで、その中ではスター志望の息子と母親との関係を描いた『天使の息音』が好評。『鮎/隠語(ウンオ)』もDaumで10点満点になっているが2名しか評者がおらず、Cine21では登録さえない。『お客第1話』は評価が大きく割れる映画であるのは、先月指摘したとおり。

 6月に入ると、『折れた矢』『マイ・ウェイ』と大作が続くが、『折れた矢』がかなり好評なのに比べ、国際スターを取りそろえた『マイ・ウェイ』はぱっとせず。マイナーでは『水のない海』が比較的好評で、『白い蝶』もDaumで10点満点が出ているがDaumの評者は3名。『カフェ・ノワール』は実験色が強いせいか評価は大きく割れる。

画像


キーワード

マイ・ウェイ
折れた矢
ネバーエンディングストーリー
キャラクター
カフェノワール
白い蝶
水のない海
お客 第1話
天使の息音
パーフェクトゲーム
パパ
鮎/隠語
跳躍先生

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月韓国盤DVD化、韓国映画評 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる