yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『金』- 韓国農村アプレゲール事情を描いた韓国映画

<<   作成日時 : 2012/04/01 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 キム・ソドン監督による朝鮮戦争後の農村疲弊状況の実態を克明に描いた作品。日本映画でも今井正監督による『米』という農村の疲弊状況を描いた作品があったが、その韓国版とも言うべき作品。1960年イ・スンマン政権崩壊につながる国内事情を知るには絶好の作品だろう。
 
 ボンス(キム・スンホ)はよく言えば純朴、悪く言えば頭の回りの悪い田舎の農民。彼には軍隊に行っている息子ヨンホ(キム・ジンギュ)と娘スニ(イム・ヤン)がいる。スニには村内に婚約者チョルス(ビョン・ソンファン)がいるが、ボンスに結婚式を挙げてやる金がなく、彼女を嫁にも出せないのだった。
 そんな中、ヨンホが徴兵から帰ってくる。ヨンホにはやはり好き合ったオッキョン(チェ・ウニ)という恋人がいる。オッキョンは父母を亡くしボンスの家に預けられていたのだが、ヨンホが帰ってみると、彼女はボンスの家庭事情を斟酌して家を出て、村内の金貸しオクジョ(チェ・ナミョン)の妻(ファン・ジョンスン)が経営する酒場で働いていることが分かる。
 スニは一生結婚できなくてもいいというが、そうも行かず、ボンスは決意してスニの婚約者の父ソッチュル(キム・チルソン)とそろってオクジョの家に行き、二人でそろって1万ファンずつ借りることにする。その場でオクジョの勧めで酒盛りになるが、酒に酔ってくるとオクジョが花札でかけ賭博をやらないかと持ちかけてくる。ボンスは迷うが、結局寄った勢いでその場にいたオジュン(チョン・ミン)も含め4人で賭博を始めてしまう。
 幸い、ボンスが勝っている間に、村のキム巡査(ハン・リム)が見回りに来て、賭博は中止になり、ボンスは勝った金2万ファンを持って大喜びで家に帰る。しかし、その父を激しく諫めたのはヨンホだった。
 息子の激しい怒りに、仕方なくしぶしぶとオクジョの家に金を返しに行くが、逆に酒を飲まされ、二人で賭博を始めた上に、オクジョに借りた金も含めて有り金を全部巻き上げられる。ヨンホが諫めたことが逆にあだになったのだ。

 すってんてんになってしまったボンスは仕方なく、自分の家の一頭しかいない子牛を売り払って金を作り、米軍放出品商売を始めようとソウルに上京する。だが、無防備なボンスはバスの中でも人前で大金の束を数える始末。そんなボンスをソウルで待ち受ける運命は...

 朝鮮戦争後の韓国における農村の疲弊状況を鮮明に描いた結果、本作は第5回アジア映画祭出品作に選出されたものの、当局から内容が暗いとして出品が認められず、論争を巻き起こしている。
 農民たちは、収益機会が秋の収穫期しかなく、収穫が得られるまでの資金は借金に頼らざるを得ない。そのような農民の状況に付け込んで、金貸しが如何に農民たちを食い物にしており、農民たちは普通に暮らしていても必然的に借金漬けにならざるを得ないかを本作は克明に描き出している。そしてこういった金貸したちはおそらく植民地時代に日本人がやってきた役回りをそっくり見習っているのだろう。だからこそ今なお「親日派」の追求が政治課題になりうるのだ。
 さらに、当時の韓国経済は米軍の放出品に頼る脆弱な構造を抱えており、このような何らかのコネ、権益がないかぎり放出品にありつくにはことはできないのだった。映画にも描かれているように、何の権益も、つてもないような、ボンスのような農民がソウルへのこのこ出かけていって放出品商売が出来るような生易しい状況ではなかったのである。
 そしてイ・スンマン政権下の韓国は権益につながる特権層に支えられる一方、特権層と特権を持てず出し抜かれる層に二分化され、国民の間で不公平感が増していた。それが1960年のイ・スンマン政権の崩壊へとつながったのである。本作はこのようなイ・スンマン政権崩壊前夜の韓国農村の状況をありありと描いている。

 映画それ自体としてみた場合、まずキム・ソドン監督の手になる脚本の力がかなり大きく(原作はソン・ギヒョン[宋機玹]1))、視聴者をして、ボンスを待ち受ける命運を固唾を呑んで見守らせる説得力を持っている。大体話としては予想の付きそうな展開なのではあるが、しかし、単純にあっさり予想の付く展開ではなく、予想を微妙に外すことで、視聴者にどうなってしまうのだろうと、どきどきしながら次の展開に惹きこむ構成は非常にうまい。
 その巧みさのハイライトはやはりボンスがソウルへ行き、一度はぬか喜びする場面であろう。ここではボンスは単なる被害者にとどまらない。むしろ彼さえも、他人を出し抜いて一獲千金を夢見る救いがたい存在である。つまり経済的疲弊とそれに伴う不公平感の広がりはこつこつとまじめに働こうというモラルをも破壊している惨状を描き出しているのである。

 そして、1960年前後の韓国を代表する俳優たちの出演。1960年前後、『馬夫』など韓国映画のお父さん役といえば必ずお呼びがかかったキム・スンホ2)。そして1960年代前半を代表する『離れのお客さんとお母さん』などで知られる二枚目スター、キム・ジンギュ、そして後にシン・サンオクと結婚し北朝鮮に拉致されるチェ・ウニ、やはり1950-60年代にかけて、いささかドンと構えた母親、お婆さん役を次々とこなしたファン・ジョンスンらが顔を揃えている。画像

 今日見ても十分見られる風格と社会性を備えた作品。当時の社会事情を知るには必見の作品。本作が日本語字幕つきで容易に見られるようになったことは大変喜ばしい。ただ個人的にはボンス役を演じたキム・スンホがどうも好きになれない。少し頭のめぐりは悪いが見栄っ張りというかつての韓国の代表的なお父さんキャラクターにはぴったりなのだが、その頭の悪そうなところがどうも見ていていらいらして好きになれないのだ。とはいえ、本作で適役であることは間違いない。

 韓国封切り日1958年3月9日。観客動員数約50,000人(KMDBデータ)。1959年第2回韓国映画評論家協会賞監督賞受賞。国内では、1996年「韓国映画祭1946〜1996 -知られざる映画大国-」(福岡市立総合図書館)にて上映。

 キム・ソドン(金蘇東)監督は、1911年慶尚南道尚州の中農家庭に生まれる。京城第一高等普通学校在学中、ナ・ウンギュの『アリラン』やグリフィスの『東への道』などを見て、映画に関心を傾け始める。
 1931年3月、日本に留学に行く前まで文学者イ・サンと同居しており、のちにキム・ソドンが芸術への方向に進むに当たって大きな影響を受けた。日本留学後日本大学予科ではフランス語を学んで、ルネ・クレールの『パリの屋根の下』などフランストーキー映画に触れ、上野にある中央音楽学校で作曲も学ぶ。1933年日大法文学部に進学し法学を専攻し1936年卒業、2年間司法試験に挑戦するも失敗。芸術に目を奪われて司法試験の勉強に専念できない当然の結果だった。
 その一方、大学在学中の1935年にイ・ビョンイルとコリアレコード社を創立し、作詞、作曲、編曲を担当。
 1939年朝鮮に戻り、音楽、映画関係の仕事を希望するも得られず、朝鮮運送社で禄を食む。彼が本格的に芸術方面の道に進むのは、朝鮮解放以降であった。

 1946年、映画科学研究所(M.S.L)を設立、1947年『牧丹(モクダン)燈記』で監督・製作デビュー。その後は韓国最初の音楽映画とされる『青い丘』(1949)等、直接、間接に映画作りに携わる。1950年朝鮮戦争勃発後は大邱に避難し、陸・空軍宣伝映画作りに携わる。1953年ソウル帰還後は他の映画監督とともに韓国映画監督協会を創立、1954年には名誉会長に推される。1955年ソラボル芸術専門学校演劇映画学科教授に就任。
 1956年『ホドン王とナクラン王女』で映画演出に復帰、その後1957年『アリラン』、1958年本作、1959年『おお、わが故郷』などを毎年発表。1960年には漢陽(ハニャン)大学文理学部演劇映画科が設立され、教授として赴任、1961年には大学付属の財団漢陽映画公社を設立して映画製作に携わる。1972年に韓国映画学会設立時には名誉会長に推され、1988年死去。以上「戦後の風景」DVD-BOX付属パンフレットを参考に執筆。

1)タイトルロールに名が出ている原作者のソン・ギヒョンに関しては、DVD付属パンフレットに言及がなく、インターネット上を検索しても名が出てこないので、原作が小説なのか、映画のための原案なのかは分からない。韓国国立中央図書館のデータベースを検索してもデータがない。

2)なお、ハングルの資料を見ると、プロデューサーも俳優も同じ김승호と出てくるが俳優の方は金勝鎬、プロデューサーは金承鎬と漢字が違い別人。

原題『돈』英題『Money』監督:김소동(金蘇東)
1958年 韓国映画 モノクロ 123分(KMDBデータ)

DVD(韓国盤「戦後の風景」)情報
発行・発売 Blue Kino 画面: NTSC/4:3(1:1.33) 音声: Dolby1 韓国語
本編:122分(本作) リージョンALL 字幕: 韓/英/日(On/Off可) 片面二層(4枚組) 2011年 7月発行 
希望価格W44000

「戦後の風景」DVD-BOX収録作品 地獄花』映画評
http://yohnishi.at.webry.info/201109/article_9.html

「戦後の風景」DVD-BOX収録作品 『未亡人』映画評
http://yohnishi.at.webry.info/201108/article_9.html

ソウルセレクション 「戦後の風景」DVD-BOX販売サイト
http://www.seoulselection.com/bookstore/index.php?page=shop.product_details&flypage=flypage.tpl&product_id=3306&category_id=2&option=com_virtuemart&Itemid=53

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『金』- 韓国農村アプレゲール事情を描いた韓国映画 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる