yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『豆満江』 - 中国朝鮮族から見た脱北者を見る視線

<<   作成日時 : 2012/02/15 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像 中国朝鮮族で、小説家でもあるチャン・リュル監督による、朝鮮族の視点から脱北者を扱った作品。韓国、フランスの投資を得て、朝鮮族俳優、スタッフを活用して製作された。

 豆満江端にある、中国、吉林省朝鮮族自治区図們近郊の寒村。冬になり豆満江が凍ると北朝鮮から脱北したり、食料を求めて川を歩いて渡って来る人々が現れる。
 チャンホ(崔健)の一家は祖父、チャンホ、姉スニ(尹蘭)の三人暮らし。父は姉が幼い頃、姉の命を救おうとして事故死、以来姉は精神的ショックで耳は聞こえても話すことができず、家族とは手話で意思疎通をしている。母は一家の家計を支えるために韓国へ長期間出稼ぎに行き、定期的に電話をしてくるのが唯一の絆である。
 ある冬の一日、チャンホが友達と村にある空き家を訪れると、そこには数人の少年たちが焚き火で暖を取っていた。どうやら北朝鮮からやってきたらしい。彼らは、チャンホらの顔を見ると、何も食べていない、食べものをくれと言う。チャンホの仲間は「お前ら馬鹿か」と毒づくが、チャンホは彼らを制して、交換条件を飲めば食料をやってもいいと言う。その条件とは一緒にサッカーをやってほしいということだった。実は、チャンホの村のサッカーチームは、いつも隣村のチームに負け続け。その助っ人になってくれるなら食料をやってもいいというわけだ。その中の最年長と思われるチョンジン(李京霖)と名乗る少年はその条件を飲み、その代わりチャンホらは食料を持ってきてやる。
 翌日、チャンホたちがその空き家を訪ねるとチョンジン以外の少年たちはいなかった。聞くとチョンジンは、彼らは中国内部に逃げていったという。そして彼は、自分は約束は守るし、また北朝鮮にいる妹に食料を持って帰るのだという。
 こうしてチャンホとチョンジンは友達になって、一緒に遊ぶようになる。その晩、チャンホはチョンジンを家に招待し、姉の作った食事でもてなす。そして北朝鮮で待っているという妹のために食料を持たせて、北朝鮮に帰る彼を見送る。

 やがてある晩、チャンホ一家の戸をたたくものがいる。話を聞くと脱北者で一晩倉庫で寝かせて欲しいという。祖父は彼に布団を貸して倉庫に泊まらせる。
 翌朝、祖父、チャンホが韓国にいる母に漢方薬を送るために、図們市内に出ている間、姉は男に朝食を食べさせる。酒が欲しいという男に酒を飲ませると、酔って気の大きくなった男は姉を強姦したあげく、逃亡する。

 しばらくして祖父は姉が妊娠したことに気づく。祖父は姉を堕胎させようと病院に連れて行くが、彼女は怖がって逃げ出してしまう。チャンホは友人から姉が脱北者によって強姦・妊娠させられた事実を教えられ衝撃を受ける。それと前後して、村のあちこちで脱北者によって食料や家畜が盗まれる事件が頻発し、村全体の脱北者を見る視線が厳しくなっていく...

 チャン・リュルの象徴主義(シンボリズム)的な作風は今回も変わっていない。ただ、韓国のイリ列車爆発事故を扱った『イリ』がどこか観念的に走ってしまった印象なのに対し、今回、朝鮮族の立場に戻って作った本作は、脱北者に対して、同じテーマを扱った他作とは異なる視点を提起している。
 朝鮮族の人々の脱北者に対する視線が、可哀想な哀れむべき人たちという感覚から、迷惑な隣人へと変わっていった過程を、チャンホの脱北者、とりわけチョンジンに対する姿勢や見方の変化にシンボライズして描くとともに、それにもかかわらず脱北者を脱北者として十把ひとからげにして見る見方への、チャン・リュル式抗議が、冬の豆満江端、常に寒風が吹き荒れる厳しい気候を背景に(それは当地に住む朝鮮族の経済的にも厳しい生活のシンボルでもある)展開される。
 また、チャンホのチョンジンへの姿勢の変化が、彼とチョンジンとの関係それ自身ではなく、彼の外部の解釈からもたらされることも(姉が脱北者に強姦された事実もチャンホは第三者から知らされる)チャン・リュルなりの重要なシンボライズであろう。

 本作の韓国封切りは2011年3月17日。観客動員数は2385人(KOBISデータ2011年度)。国内では、2010年アジアフォーカス・福岡国際映画祭で公開されている。

 韓国WIDE MEDIAから出された本作DVDは、コントラスト、色彩は問題ないものの、全般的に輪郭強調、ゴーストがやや目立ちそれが全般的に解像度を甘めにしている。元々WIDE MEDIAは、「高画質HDマスター」と銘打っていても解像度がいまひとつの傾向にあったが、今回はひょっとするとフランスで作られたPAL素材をNTSC変換しているのかもしれない。事実韓国の映画情報サイトでは上映時間93分とあるのにDVDでは90分になっている。おそらくPAL 4%スピードアップの影響と思われる。

原題『두만강』英題『Dooman River』監督:張律(장률)
2010年 韓国=フランス=中国映画 カラー 93分(韓国劇場公開版)

DVD(韓国盤)情報
発行・販売: WIDE MEDIA 画面: NTSC/16:9(1:1.85) 音声: Dolby2 韓国語 本編:90分
リージョンALL 字幕: 韓/英(On/Off可) 片面一層 2012年 1月発行 希望価格W25300

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『両江道の子供たち』 - 脱北者監督による北朝鮮児童の生活リアリティ!
 脱北者であるチョン・ソンサン監督による、北朝鮮の子供たちの生活リアリティを描いた、他に類を見ない映画作品。韓国では本作がろくに省みられぬままおざなりに公開され、たいした興行成績も残せずに消えてしまったが、幸いDVDが刊行された。  なお、クレジットではキム・ソンフン監督との共同監督作品とされているが、Cine21の記事によると1)、キム・ソンフン監督は主にポストプロダクションのみの関与だという。脚本はチョン・ソンサンとキム・ドンヒョン。 ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2012/04/25 06:28
『冬の蝶』 - 北朝鮮であった凄惨な事件をもとに映画化
 北朝鮮、黄海道で実際にあったという極めて悲劇的かつ凄惨な事件を映画化した作品。監督は脱北者だというキム・ギュミン。 ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2012/05/17 21:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『豆満江』 - 中国朝鮮族から見た脱北者を見る視線 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる