yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 1月韓国盤DVD化、韓国映画評

<<   作成日時 : 2012/02/03 19:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2012年1月以降に韓国でDVDとして刊行された(される予定の)韓国映画の、韓国の映画情報サイト、シネ21(一部ダウム映画)における評価を以下にまとめてみた。以下、発行日は Yesasiaサイト記載の発行日(1月以降はYes24の発行日記述による)、分野はシネ21の区分によるもの、評価平均は評論家及び一般ネチズン評価の平均値(満点10点)[下段はDaum]、投票総数は評価投票の総数で( )内は評論家の投票数[下段はDaum]、評論家評価平均はシネ21が選定した評論家の評価平均値、評価幅は評論家の最低評価-最高評価点、代表的な声は、評論家および一般ネチズンによる映画の一行評を見て、筆者がだいたいの傾向と思われるものを記述。
 
 なお、廉価版DVD再発の映画は除外している。

 一般的にはシネ21は映画マニアを自認する人がアクセスする傾向が強く、Daumはより幅広い層がアクセスする傾向にある。シネ21の評価が高く、 Daumの評価が低い場合はシネフィル向きのアート映画、逆にDaumの評価が高く、シネ21の評価が低い場合は娯楽プログラムピクチャーだと推測できる。また、評定者数が少ない場合は当然誤差が大きくなる。特にDaumで評定者数が1桁の場合は高得点が出る傾向にあるので注意。

 1月の話題盤、は観客数でいうとカーアクションものの『クイック』、法廷ミステリーの『依頼人』あたりであろうか。
両者ともDaumのネティズン評価で8.0を取っており、一定の娯楽性水準は確保している模様。ソン・ガンホ出演の『青い塩』、クォン・サンウ出演の『疼痛(韓国語の原題では「痛症」)』も話題になっているが、こちらは、満足度ではやや落ちる。
 評価の高さから見ると、Cine21のネティズン評価では、脱北者を描いた『豆満江』、ついで『ヘファ、ドン』と『ララ・サンシャイン』が同点で高評価。その次は『依頼人』になる。Daum評価では、1名が10.0をつけている『ララ・サンシャイン』を除くと、やはり『ヘファ、ドン』、ついで、人権映画シリーズの『視線を越えて』、『カップルズ』の順。専門家評では、『息』、『豆満江』、『ララ、サンシャイン』、『ヘファ、ドン』の順。ただしこの中には1名しか評価していないものも含む。
 2月以降のものも展望すると、Daumで高評価のソン・イルゴン監督の『ただ、あなただけ』、3月に発売が延期になっているがやはりソン・イルゴン監督の『マジシャンズ』(国内盤は既発)、Cine21で高い評価でやはり脱北者を描いた『茂山日記』、『マジシャンズ』、そしてヒット作という点では『最終兵器 弓』が注目だろう。
 とくに、アート色が強く、大衆性がないと思われていた『ただ、あなただけ』が、そこそこDaumの多くの評者数を獲得しているのを見ると、これは単にソ・ジソプ効果なのか、それとも、ソン・イルゴン監督が一定の大衆性を獲得しようと作風を変えてきたのか、興味深いところではある。
 一方、12月にあった極端な低評価作は今月は見あたらない。敢えて言うなら『青い塩』あたりが低めに出ているかというところ。

 個人的には、今月から脱北者を描いた話題作『豆満江』『茂山日記』が相次いで発売されるのが興味深い。
 
画像




キーワード
マジシャンズ(2005)
ちりも積もればロマンス
茂山日記
最終兵器 弓
ファミリー・マート
ただあなただけ
特殊本部
ヘファ、ドン
視線を超えて
カップルズ
疼痛

全州デジタルプロジェクト2000-2008
豆満江
ララ・サンシャイン
ミスターアイドル
依頼人
青い塩
カウントダウン
クイック

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1月韓国盤DVD化、韓国映画評 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる