yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 9月、韓国盤DVD化、韓国映画評

<<   作成日時 : 2011/09/30 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2011年9月に韓国でDVDとして刊行された(される予定の)韓国映画の、韓国の映画情報サイト、シネ21(一部ダウム映画)における評価を以下にまとめてみた。以下、発行日は Yesasiaサイト記載の発行日、分野はシネ21の区分によるもの、評価平均は評論家及び一般ネチズン評価の平均値(満点10点)[下段はDaum]、投票総数は評価投票の総数で( )内は評論家の投票数[下段はDaum]、評論家評価平均はシネ21が選定した評論家の評価平均値、評価幅は評論家の最低評価-最高評価点、代表的な声は、評論家および一般ネチズンによる映画の一行評を見て、筆者がだいたいの傾向と思われるものを記述。
 なお、Cine21サイトリニューアルに伴い、映画評点の小数点以下の桁数がばらばらになっている点はご容赦いただきたい。

 なお、廉価版DVD再発の映画は除外している。

 一般的にはシネ21は映画マニアを自認する人がアクセスする傾向が強く、Daumはより幅広い層がアクセスする傾向にある。シネ21の評価が高く、 Daumの評価が低い場合はシネフィル向きのアート映画、逆にDaumの評価が高く、シネ21の評価が低い場合は娯楽プログラムピクチャーだと推測できる。また、評定者数が少ない場合は当然誤差が大きくなる。特にDaumで評定者数が1桁の場合は高得点が出る傾向にあるので注意。


今月のDVDであるが、Daum、Cine21とも評価が高いのは『啓蒙映画』だが、評価者が少ない。個人的には最も気になる。次点はDaum評で『レインボー』、Cine21評では『豊山犬』、来月分を含めると『愛情万歳』。『豊山犬』は評価者数が最も多いので今月発売のDVD中では最も人気だろう。専門家評ではやはり『啓蒙映画』『レインボー』。一方低評価映画では、Cine21の『ホワイト』の低評価が目立つがDaumではそれほどでも。専門家評ではチャン・ナラの『空と海』。

画像



キーワード

愛情万歳
猫:死を見る二つの目
ホワイト:呪いのメロディー
豊山犬
空と海
啓蒙映画
レインボー
敵とともに眠る
モービーディック
ママ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
9月、韓国盤DVD化、韓国映画評 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる