yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS Why Japanese Right Wing deny “Seediq Bale"?

<<   作成日時 : 2011/09/29 06:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像Why do Japanese Right Wing deny Taiwanese movie “Seediq Bale”?

"Seediq Bale" is a Taiwanese movie about a riot of Taiwanese aborigine against colonization of Japan in about 80 years ago. WEI Te-Sheng, who is the movie director of "Cape No. 7", directed this movie.

Most of Japanese right wing people say that they love Taiwan. Why do they say so? Because they believe that Taiwanese people welcome Japan’s colonization of Taiwan, not like Korean people do. So they think they can justify the Japanese imperial colonization actions.

For them, great hit of “Seediq Bale” in Taiwan is unpleasant event, as they believe the movie criticize Japanese imperial colonization and they fear their “sweet” illusion broken, that Taiwanese people welcome Japanese colonization.

I am not sure that the movie director has intention to criticize the colonization. In so far as I read news about the movie, it seems that he does not have such intention.
But Japanese right wing people just do not want to admit the fact that Taiwanese people did not welcome the colonization. So whatever the director’s intention may be, they are unpleased about the fact itself that the director draws Taiwanese people’s riots against the Japanese colonization in the film.

Japanese right wing people “love” Taiwan, in so far as they can use it for justification of Japan’s fault. So they may easily convert to hater of Taiwan.

Now they are confused as the movie director whom once they admitted “pro-Japan” made “anti-Japan” film, so they insist that the director sells his mind to Nationalist party or John Woo.

"Seediq Bale" Official Site (Taiwan)
http://www.seediqbale.tw/

"Seediq Bale" Official Site (Intenational)
http://www.seediqbalethemovie.com/

"Warriors of the Rainbow: Seediq Bale" (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Warriors_of_the_Rainbow:_Seediq_Bale

News of "Seediq Bale"
http://www.google.com/#q=seediq+bale&hl=en&prmd=imvns&source=univ&tbm=nws&tbo=u&sa=X&ei=qAaDTvb5CcihmQWZgtkq&sqi=2&ved=0CIMBEKgC&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.&fp=bcca9caf7cfabe02&biw=944&bih=557

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『セデック・バレ』 - 新台湾ナショナリズムを象徴する大ヒット映画 (1)
 2011年の秋に公開された台湾映画。1930年、台湾の原住民が引き起こした反日蜂起である霧社事件を描いた作品。一種の台湾版「ダンス・ウィズ・ウルブズ」、否「硫黄島からの手紙」と言うべきか。右翼が反日映画だと騒いでいたので知っている方も多いだろう。監督&脚本は『海角7号』の魏徳聖。撮影は泰鼎昌、美術に日本の種田陽平、スタント演出は韓国のヤン・ギルヨン、シム・ジェヨンと台日韓のチームが力を合わせている。  なお、映画の背景も含めて解説するために、数回に分けて載せる。 ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2012/07/07 22:01
『セデック・バレ』 - 新台湾ナショナリズムを象徴する大ヒット映画 (3)
 基本的には本映画のストーリーは、1930年に植民地化台湾中部で起こった、台湾先住民・セデック族による大規模な抗日蜂起事件を描いた邱若龍のマンガ『霧社事件』(1990年,時報出版,邦訳: 江 淑秀・柳本通彦訳,1993,『霧社事件 - 台湾先住民、日本軍への魂の闘い』,現代書館、なお原著は台湾では映画公開に併せて『漫画・巴&#33802;』と改題され、遠流出版より再刊行されている。)に沿っている。元々魏徳聖(ウェイ・ドーション)監督がたまたまこのマンガを手にとって、台湾にこんな歴史があった... ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2012/07/11 00:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Why Japanese Right Wing deny “Seediq Bale"?  yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる