yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 書籍: 藤原智美『検索バカ』

<<   作成日時 : 2011/08/25 06:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

藤原智美, 2008,検索バカ,朝日新聞出版(朝日新書)
 心情的には本書の筆者に非常に共感。インターネットの発達によって、人々がより深く考えるようになるか1)、と思いきや、結局オリジナルな論考が増えたのではなく、氾濫したのはコピペばかり、しかもその中にかなりいい加減な情報が含まれている。しかも自分で考えずに、検索で簡単に答えを探そうとする(あの京大の「Yahoo!知恵袋」を使った不正受験が象徴的だ)。
 検索は発達したとはいえ、検索した情報を比較してそれをもとに判断するという知性は発達していないようだし、どうかすると、検索したたくさんの情報をどう判断したらいいか分からずに、その判断さえ検索しようとする(Web, BlogからTwitterへという流れはそれに沿っているように思う)。
 もちろん人間はあらゆる分野の専門家になることはできないのだから、判断までも検索する行為自体は必ずしも否定できないだろう。だが、検索で取って来たいい加減な情報に基づいて、他人を誹謗中傷までする傾向にはうんざりだ。
 
 ただ、インターネットが発達して確実に良いことは海外の外国語で書かれた情報が簡単にアクセスできるようになったこと。例えばインターネット発達前は、外国語の情報は洋書などの物理的な形でしか存在しなかったので、大学図書館や首都圏、大都市圏の大型図書館、洋書店などで入手するしかなかったし、これらの情報に関する中央ー地方格差は深刻だった。しかし今日では、インターネットで直接幾らでも外国語の情報に接することができる。物理的な形でしか存在しない情報であっても、ネット書店を通じればアメリカでも、フランスでも、韓国でも、香港でも、下手をすれば国内の書店に国内の本を注文するより早く、本やビデオディスクが自宅に送り届けられる。東京にいなければならない理由ももはやない。勿論外国語の壁を克服できれば、の話だが。
 また、マイナーな情報も、多少の苦労を厭わなければ、今までよりも探し出しやすくなったということは確実だろう。

 とはいえ、結局、インターネットで一番よく分かるのは、どんなことや情報が人々に好かれており、あるいは人々から嫌われているかという、リアルタイムな人気バロメーターということなのかもしれない。

 それはともかく本の話に戻ると、筆者の心情は分かるし、コピペ氾濫、人気バロメータ化したインターネット空間が「空気を読む」ことを強要しかえって息苦しい空間になってしまっているという指摘もその通りだと思う。韓国でインターネットでの「炎上」をきっかけに芸能人の自殺が相次いでいることも、彼の指摘が単に日本だけの現象ではないことを示しているだろう。

 ただ、本書の筆者の、「世間」の存在がインターネットの発達により「空気」に取って代わったという指摘に関しては疑問の余地がある。筆者は、周囲を気にするのは同じながらも、「世間」をヒエラルキーの存在する(リアルな)社会空間、「空気」をヒエラルキーの存在しない平等(どんぐりの背比べ)な社会空間と考えているようだ。平等というと一見良いことのようだが、実は「空気」は平等であるがゆえにどこへ転がっていくか分からない怖さがあると筆者は考えているようだ。そのため一旦暴走した時に歯止めがきかない。またそれゆえモラルも担保されない。それに対し「世間」は、全体が暴走しかかった時にだれか上のものがストップをかけられる可能性があるし、それがモラルを担保すると考えているようだ。

 そういう発想は理解はできるのだが、しかし、ではかつて日本が日中戦争や第2次世界大戦開戦に突き進んでいったとき、特に、日本の中枢部にいた人の大半が、アメリカと対戦すれば勝てないと冷静に分っていたのにもかかわらず、ずるずると開戦へと暴走してしまって誰も止められなかったのは何なのか、という疑問が湧いてしまう。「世間」と「空気」は藤原氏の指摘するほど決定的な差なのかどうか、もしくは、インターネット前は「世間」でインターネット後は「空気」という歴史区別が間違っており、「世間」と「空気」は微妙な差で入れ替わってしまうような、同時に存在する存在ではないのかという疑問を禁じ得ない。
 となると、それが「世間」だろうが「空気」だろうが、あるいはリアル社会だろうが、インターネット社会であろうが、そもそも周りを伺うという日本人(あるいは韓国人も一緒かもしれないが)の態度自体を問題視すべきなのではないか、という気もするのだが。

1)例えばかつてインターネット黎明期に古瀬幸広、広瀬克哉らが論じていたように(古瀬幸広、広瀬克哉,1992,インターネットが変える世界,岩波書店[岩波新書])。

検索バカ (朝日新書)
朝日新聞出版
藤原 智美

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 検索バカ (朝日新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
書籍: 藤原智美『検索バカ』 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる