yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 白人だってテロリストたり得る

<<   作成日時 : 2011/01/18 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2011年1月8日、アリゾナ州ツゥーソンで同州選出の民主党女性連邦下院議員ガブリエル・ギフォーズ氏が銃で撃たれて重体となったほか、参加者6人が殺された。

「米下院議員が集会で撃たれ重体、連邦判事など6人死亡」(トムソン・ロイター 2010.1.9)
http://news.goo.ne.jp/article/reuters/world/JAPAN-189291.html

 犯人の動機等の公式な発表はないが、報道等によれば、容疑者はギフォーズ議員の選出を批判していたというので、これは右派保守系によるテロリズムである可能性があるのではないか。

 右派のブッシュ前大統領が、テロとの戦いを標榜して以来、アメリカでは「イスラム教徒=テロリスト」との図式が成立してしまっているが、白人右派だってテロリストたり得る。そもそも国家による暴力(戦争)はOKで、非国家組織による暴力(テロリズム)はダメだなどとなぜ言えるのだろうか?特にイラク戦争は、そもそも、それを開始した根拠は全く無根だったことが、現在分かっているが、誰もこの戦争が引き起こした結果や犠牲に対して責任を取ろうとしない。両者の暴力性に優劣があるとは思えない。

 白人右派がテロを引き起こしたとしたら、彼らのテロリズムと戦うのか?>アメリカ
 そして、テロをあおりかねない宣伝活動を行ったペイリンは?

 もっともオバマ大統領は、アメリカの亀裂を避けるために、今回の行為をテロだと断言することを、慎重に避けてはいるが...

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
白人だってテロリストたり得る yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる