yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS Web備忘録 - 今更ながら「米帝」

<<   作成日時 : 2010/12/30 07:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

アラブ首長国連邦に在住のハムダなおこさんのメールマガジン「アラブからこんにちは」。

この中に、次のような記述があった(2010.12.26付け)。

--------------------------------------------------
現在サウジとされているこの地域は、実は、ついこの前まで
カタールの領地でした。
90年代前半の中東地図を見ても、UAEは西の国境をカタールと
接しています。この地域に石油の埋蔵がわかると、
アメリカを後ろ盾にしたサウジがきて、まったく突然に
占領してしまったのです。
同じことが1970年台にもUAEとサウジの間でありました。
ブレイミーと呼ばれる膨大な石油の埋蔵地域は、
かつてはUAE部族の統治下だったのに、サウジが領土を
主張して引かなかった。
UAEは1971年に7つの首長国を統合したばかりで、
国境争いをするよりも、国家を統一することが
最重要課題でした。
やっと危うい統合を終えたばかりの小国が地域紛争を始めたら、
国が分裂して、石油を外国勢力に略奪されかねない。
そこでザイード大統領は「今は紛争の時期ではない」と判断して、
ブレイミーをサウジに明け渡しました。
だから中東のどの国も、
「米国といい関係を保っていないと自分が危ない」
ということを知っているのです。

引用元記事は以下
http://www.melma.com/backnumber_139263_5062529/

-----------------------------------------------------

サウジアラビアがアメリカと結託してこんな「帝国主義的」動きをしていたとは知らなかった。イラクがクウェイトに侵攻して引き起こした湾岸戦争の意味に関しても、このような動きを考慮したうえで、改めて考え直す必要がありそうだ。




E01 地球の歩き方 ドバイとアラビア半島の国々 2010~
ダイヤモンド社
地球の歩き方編集室

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by E01 地球の歩き方 ドバイとアラビア半島の国々 2010~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昨年ラテンビート映画祭で観たオリバー・ストーン監督の、チャべス大統領をメインに、中南米に相次いで誕生している反米を掲げる指導者たちに密着インタビューしたドキュメンタリー「国境の南」、素晴らしかったです。裏庭と言われた国々でさえ(だからこそ?)連帯すれば出来るということを見せてくれました。頑張ってほしいです。
 いまはそれよりこの国が心配…。
ishii
2011/01/01 14:52
>いまはそれよりこの国が心配…。
御意。
 そういえば、昨年10月、日本はイランに持っていた石油採掘権をアメリカの圧力で放棄させられてしまいました。日本はペルシャ湾岸で米軍への給油に協力させられた時は、「自国のタンカーが攻撃されたら誰が守ってくれるのだ」というロジックで国民は納得させられていました。
 しかし、ペルシャ湾での米軍の展開は、海賊・テロリスト対策というよりは、イラン敵視政策の一環で、日本は元々イランとは友好国。日本はアメリカとは中東の利権構造も違っていました。
 日本はアメリカに石油代を貢いだあげく、イランにおける利権まで放棄させられるという大馬鹿政策。大金を払ったあげく大損をするという政策実施の責任者出てこい、といいたいですね。
yohnishi
2011/01/01 16:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Web備忘録 - 今更ながら「米帝」 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる