yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 386世代版「ペパーミント・キャンディ」、チャン・ドンホン監督作品 『隣の男』

<<   作成日時 : 2010/10/25 08:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像 『おお! 夢の国』『ストライキ前夜』などを製作してきたチャンサンコメのメンバーであったチャン・ドンホン監督の『クリスマスに雪が降れば』以来の映画監督復帰作にして、過去助演俳優として活躍してきたユン・ジェムンの初主演作。

 ある、日中のスーパーの駐車場で、隣の家にでもいそうな30代末の平凡な男、ユン・サンス(ユン・ジェムン)が刺された。彼は不動産業者であった。
 サンスには、妻ユンジョン(キム・ソンミ)と息子一人がいる。妻はドラマの脚本家。だが現在は妻との関係は乾いたものとなっており、単なる同居人。妻が何に関心を持っているのかも知ろうとしない。家賃の払えない軍隊の後輩(キム・イングォン)には血も涙もなく追い出しを掛ける。そんなサンスの最大の関心事は、田舎の土地を買い付けては投資家に売り、そこに大手不動産会社と組んでリゾート計画を立て一儲けしてベンツを買うこと。そして会社の事務員兼愛人との甘い生活。愛人には二度目の豊胸手術をねだられていた。かつて学生時代、民主化運動のデモに出かけ、理想と純愛を追求した姿から遠く離れた地点に立っているのであった。
 だが、リゾート予定地では、地元の小学校のチェ先生(チェ・ホンイル)が中心となって環境保護・リゾート開発反対運動を展開。お陰でサムスが土地を売りつけようと工作していた女社長(ノ・ヒョンジョン)には逃げられるは、そして既に土地を売りつけたヤクザの親分からは、リゾート開発が着工できなければ殺すと脅迫を受ける始末。
 そこでヤクザを使ってチェ先生を痛めつけるが、それが却って問題に。提携した大手不動産開発会社の上司からは、叱責を受けた上、こういう時のために(しっぽ切りのために)お前にやらせたんだと言われ、情けなさに涙も出ない。
 それでもチェ先生がかつて教え子と不倫関係にあったことを突き止め、そしてその愛人の現在の悲惨な様を問い糾して、それでも倫理家面するのか迫ったところ、恥じたチェ先生は自殺し開発への障害は消滅した。
 その一方、夫との関係に耐えきれなくなった妻は、脚本のため取材した夫の友人ミンソク(ソ・テファ)と不倫関係に...

 ウェルメイドな脚本を得て(脚本担当は小説家のチョン・ミョングヮン)、元学生運動世代であった平凡な隣の男サンスの、韓国社会では珍しくないであろう、金さえあればという拝金主義的生き方の空虚さ、そして妻の裏切りや、チェ先生を自殺にまで追いやった時のサンスの心の揺らぎ、そういったものがなかなか上手く表現されている、社会性のある秀作。韓国386世代の自画像とも言うべき作品。
 ユン・ジェムンは過去助演専門俳優として(除く短編)『チャウ』(2009)『母なる証明』(2009)『グッド・バッド・ウェイアード』(2008)『卑劣な街』(2006)『怪物(ケムル)』(2006)『熱血男児』(2006)『ジャングル・ジュース』(2002)等に出演してきたが、本作が初主演。韓国映画評サイトでは本作は「ユン・ジェムン版『ペパーミント・キャンディ』」という感想もあったが、まさにそういった趣。あるいは386世代版『ペパーミント・キャンディ』と言うべきか。ただし『ペパーミント・キャンディ』と比較すると歴史的観点が弱いので、その点が弱点とも言えるが、でも本作もなかなかの秀作であることは間違いなく、逆に比較して語られるとちょっと残念な点も。

 また、ユンジョン役のキム・ソンミは『妻の愛人に会う』の主人公の家内役でも出演。

 監督のチャン・ドンホンは、Daum映画データベースによると1988年にチャン・ユニョンらと映画製作集団「チャンサンコメ」を結成、光州事件を扱った『おお! 夢の国』(1988)金属労働者ストライキ事件を扱った『ストライキ前夜』(1991)、教育問題を扱った『閉まった校門を開けろ』(1992)を共同監督。
 また『接続』『日が西から昇ったら』などの制作にかかわりながら、1998年『クリスマスに雪が降れば』で長編劇映画デビュー。童話的・幻想的な雰囲気の作風が過去の韓国映画にないものとして話題になった。本作は12年ぶりの長編劇映画。

 本作は日本未公開。韓国では2010年3月封切り。韓国での観客動員数は1294人(KOFICボックスオフィス記録)と少ないのが残念だが観客動員数だけで判断して欲しくない作品。

 なお、韓国盤DVDは韓国語字幕のみ。韓国語の分らない人には苦しい。画像収録形式はアナモルフィック収録だが、解像度は韓国のトップクラスのものよりワンランク落ちる。観客動員数が少なかったせいか付加収録映像等もない。画像

 なお、1989年作の同名の映画(チョ・ソング監督)が存在するが、それとは全く関係がない。


原題『이웃집 남자』英題『The Man Next Door』監督:장동홍
2010年 韓国映画

DVD(韓国盤)情報
発行・販売:BUZZ Pictures 画面: NTSC/16:9(1:2.35) 音声: Dolby5.1 韓国語 本編: 100分
リージョン3 字幕: 韓(On/Off可) 片面二層 2010年 6月発行 希望価格W25000


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
字幕なしのビデオは語学の勉強になるか?
 昨年、韓国からSBSドラマ『根深い木』を録画したものを送ってもらったのだが、字幕がない上、時代劇のため、聞き取りだけでは何がなんだか分からない状態。それで、今度は韓国から原作小説を通信販売で買い込んで、春先に3ヶ月かかって何とか読破(読破した矢先、実は日本語訳が出ていたこと知る。原題と邦題がかなり違うので気がつかなかった)。  で、ようやく最近、再び字幕なしのビデオを見ている。 ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2013/01/03 10:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
386世代版「ペパーミント・キャンディ」、チャン・ドンホン監督作品 『隣の男』 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる