yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国B級映画に見る在日への悪意 『ウサギを乗せた潜水艦』

<<   作成日時 : 2010/02/01 17:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 1991年製作の韓国B級映画。大学受験に失敗し、徴兵検査にも合格できないダメ青年の鬱屈を描く。

 トッキ(ウサギ)ことパク・ドキ(キム・セジュン)は、田舎からソウルに出てきた大学浪人生。だが、予備校仲間が皆大学合格を決めたのに、彼だけは再び受験に失敗、入れる大学がない。当時の徴兵制度では浪人で失敗すると徴兵延期が失効するので、徴兵検査場へ赴くと、そこでも頓珍漢な答えをして徴兵検査さえ合格できない。仕方なく田舎に帰るとお父さんが、兵役に行ったと思って死ぬ気でもう1年ソウルで頑張って勉強して大学に入れと、暖かく言ってくれて、予備校の授業料をくれる。トッキは再びソウルへ上京し、その晩予備校仲間とディスコに遊びに行き、そこでセクシーな女の子に会う。
 「今日だけは特別よ」と言われて彼女と楽しく踊った翌朝、予備校に入学を申し込みに行くと、授業料として準備した金がなくなっている。昨夜の彼女にまんまと有り金をすられたのであった。がっかりして、夜飲み屋へ出かけ憂さを晴らしていると、そこで兄貴分の男、サンチョ(イ・チャンフン)に出逢って意気投合する。金のないトッキはサンチョと組んで障碍者のふりをして電車の中で乞食をやってみたり、怪しげな露天商をやっては警察に追いかけられたり... その一方で彼から授業料をすった女の行方を捜す。
 ようやく彼女、ミア(キム・ヘソン)の行方をつきとめると、彼女はチャーリー・チョン(キム・スンファン)という自称在米僑胞の男に出逢い、彼に金を貢いだところで男に失踪されていたのであった。トッキはミアと話してみると、見掛けによらず意外に純情な女の子だと分かる。そして何とかしてチャーリーを探して金を取り返そうと決意する。 実は、チャーリーは、中村という日本名を持つ在日僑胞で、ミアの前から姿を消した後、更に別の女と出会い、女たちからだまし取った金を持って、日本に高飛びする寸前であったのだ。トッキのチャーリーに対する怒りの正義の鉄拳が炸裂する。しかしミアは...

 韓国の映画界は、1990年代中頃、カン・ウソクやシン・チョルらによって、それまでの娯楽作品とは一線を画する画期的な娯楽作が次々と打ち出されることにより、その後、いくらB級作品とはいえども作品の質が底上げされ、そこそこ見られる作品が製作されるようになった。しかし、本作品はその底上げ前のB級作品がどんなものであったかを如実に見せてくれる。ご都合主義なストーリー... ぱっとしないカメラワーク...

 ところでこれらのB級作品群、なぜか在日韓国・朝鮮人が悪役になっていたり、少なくとも冷たい視線を持っている作品が多いような気がする。例えば野平俊水(水野俊平)氏の著書でも紹介されている、故金久美子主演の『愛乱』などは、これらB級作品群の中ではかなり出来の良い方だが、やはり在日に対する冷たい視線が感じられるし、日本でロケされ、女の子は美人だがヒーローが醜男という、これまた極めてB級度の高い『さよなら東京』は、本土の韓国人の持つ在日への偏見へのオンパレード。
画像
 本作品の主人公、トッキも、悪い奴ではないのだが、大学受験にも徴兵検査にも合格できない社会からの落伍者。今の日本で言えば、秋葉原や土浦の無差別殺人犯のような位置づけか。それが最後にその鬱屈を晴らすかのように、女を食い物にする詐欺師チャーリーに正義の鉄拳をふるうのだが、我々にとってみれば、なぜその詐欺師が在日であるのかいささか唐突である。おそらく、在日韓国人であれば悪人であっても当然という意識が、当時の韓国社会に蔓延していたということだろう。
 これは推測だが、おそらく、韓国社会の対外コンプレックスが基本にあり、その反動が在外僑胞に向けられ、しかもやはり在米僑胞には表だって楯突けず、その部分の憂さ晴らし的意識が在日僑胞に向けられるという構図があったのではないだろうか。
 1970年代に起きた在日韓国人、徐兄弟のスパイ容疑でっち上げといった事件も、そのバックグラウンドにこのような社会的コンテキストがあったと考えるべきだろう。

監督のキム・ハンソンは、シネ21データベースによると、本作と1989年に『赤い海』の2作の監督が記録されている。また主演のキム・セジュンとキム・ヘソンは現在でもTVドラマの助演を中心に活発に活動中。最近キム・セジュンは投資詐欺容疑で有罪となり罰金刑が言い渡された。

 因みに、本作品はパランセ(青い鳥)フィルム社創立作品ということだが、この会社はなんと、最近、『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督を迎えてシン・ミナ主演の『武林女大生』を制作しており、これらを含めて今まで3本の映画を製作している。

 本作品は当然日本未公開。

原題『토끼를 태운 참수함』英題『』監督:김한성
1991年 韓国映画

DVD(韓国版)情報
発行・販売 Plex Entertainment 画面: NTSC/4:3(1:1.33) 音声: Dolby2 韓国語
本編: 102分 リージョンALL 字幕: なし 片面一層 2005 年 7月発行 希望価格W19800

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国B級映画に見る在日への悪意 『ウサギを乗せた潜水艦』 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる