yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS メインストリームから外れて出てきた韓国映画 『父さん』

<<   作成日時 : 2010/01/26 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 おそらくセマウル運動が始まるかその前夜である、1970年代全羅道の農村を描いた作品。『牛鈴の音』のように、韓国人のノスタルジーに訴えることを狙った作品であると思われるが、同時に遅れてきた啓蒙映画という感じを持った。

 ギス(チョ・ムングク)は小学6年生。彼は級友からは「本の虫」とあだ名が付く程本を読むのが大好きであるとともに、成績は全校一位の優等生。しかし、彼の家は貧しい農家で、彼の父(ジョン・ムソン)は、「百姓が勉強なんてしてどうする。農作業さえしていりゃいい」が口癖。当時は中学校が義務教育でなかったので、担任の先生(パク・チョルミン)は彼の進学を何とか父親に説得しようとしていた。
 そんなある日、担任の先生は子どもたちに目標を持たせようと演劇指導を始めることを決意する。そしてソウルから彼の大学時代の後輩(パク・タミ)を呼び寄せ、彼女に子どもたちの演劇指導を依頼する。ギスもそのメンバーの一員となった。しかしある日、ギスの父は授業終了後もなかなか帰ってこない息子を捜しに学校にやってくる。そして農作業で忙しいのに、何にもならない演劇指導なんてと悪態をつき、息子を家に連れて帰る。その日以来演劇指導は中止となってしまった。
 その一方、ギスの兄は、知識を得ようともせず苦しい農民の生活におぼれているだけの父の姿に批判的で、村の青年を集めて、農村青年の意識改革を図ろうとする。しかし、村の青年たちからも父からも理解されない兄は、自殺の道を選ぶことになる。
 演劇指導が中止になった、子どもたちは自発的に演劇練習を始める。その子どもたちの熱意を見て、一度は指導を諦めた先生たちも再び、子どもたちに指導を始めたのだった。そして、村の公民館で子どもたちの演劇の発表会の日、ギスの父も正装をして息子の晴れ姿を見に来たのだった。
 そこで上映された、演劇の内容は貧しさに打ち負かされ、日々に流される農民の意識向上を啓蒙しようという内容。その中に借金取りの姿が揶揄されて描かれていたことから、居合わせた村の金融業者はその内容にいたたまれなくなり、学校の教師が共産思想を吹き込む演劇をやらしていると当局に通報。たちまち先生と生徒たちは公安に取り囲まれてしまう。その時、ギスの勉強や演劇練習に反対してきたギスの父は...

 それなりに良くまとまって作られた映画であり、何となく日本で昭和30-40年代に掛けて作られた独立映画プロダクションの自主配給啓蒙映画の作風を彷彿させるような映画。ただ、おそらく韓国の農村にあっても、最早農家の子供なら勉強なんかしなくていいなどと思っている人は誰もいないはずで、今さら、誰をどう啓蒙しようとして作られた映画なのかということが多少疑問に思われる。どうも遅れて来た啓蒙映画、あるいは30年前に作りたかった映画、という印象がなくもない。単に郷愁に訴えるということであれば、ドキュメンタリー映画『牛鈴の音』の方が素直か。とは言え、我々にとってかつての韓国の農村の家族風景を知らせてくれるという意味では資料的価値は高い。
 なお、イム・サンス監督の『あの時あの人たち (公開邦題: ユゴ-大統領有故-)』で朴大統領役などをやった名脇役チョ・ムングクが今回全羅道の田舎のお父さんを見事に演じきっているのはさすが。

 監督のペ・ヘソンはCine21のデータベースを見ると意外にキャリアは長く、1989年頃に既に作品を発表し、その後も数本取っているが、興行的にはさっぱりだったようである。今回の作品の発表は、忠武路の主流作でもなく、かといって学生などの独立映画、アート映画の系譜でもなく、かなり唐突な作品発表と受け止められていたようだ。
 なお、監督自身はソウルの比較的裕福な公務員の家に生まれ、幼い頃から家庭で8mm映画に親しむという、韓国では珍しい体験の持ち主。韓国版大林宣彦といったところか。そう言えば監督の雰囲気も大林宣彦に似ている。映画の父親像はむしろ制作社のイ・ガプソン社長の父親を反映しているそうだ1)。

 本作品は日本未公開。

1)以上は以下の「ぺ・ヘソン監督インタビュー」より。

原題『아부지』英題『My Father』監督:베해성
2009年 韓国映画

DVD(韓国版)情報
発行・販売:ART Service 画面: NTSC/16:9(1:1.85) 音声: Dolby2 韓国語
本編: 95分 リージョン3 字幕: 韓/英 片面ニ層 2009 年 10月発行 希望価格W25300

サンサンマダン「ぺ・ヘソン監督インタビュー」
http://www.sangsangmadang.com/magazine/news/news_brut.asp?ct=&cg=&ci=&cc=&mSeri=0&mCate=9&bSopt=&bOrder=1D&bSstr=&bCmd=V&bPage=1&bSeq=469


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
メインストリームから外れて出てきた韓国映画 『父さん』 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる