yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国映画『俺たちに明日はない』

<<   作成日時 : 2009/12/24 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 韓国のインディペンデント映画の一編。インディペンデント映画として比較的出来は良く雰囲気はあるのだが、残念ながら社会性に欠ける。これで社会的視点があれば、『グリーンフィッシュ』や『息も出来ない』あたりに迫る作品になれたのだが...

 ジョンテ(ユ・アイン)とギス(キム・ビョンソク)は幼なじみ。ギスが兄貴分で子どもの頃から今ひとつひ弱なジョンテを守っていた。やがて高校生になりギスとジョンテはちょっと悪ぶって喧嘩に明け暮れる日々。だが、ちょっとしたきっかけでギスが高校を中退してしまうとジョンテも一緒に中退し二人で洗車のアルバイトを始める。
 ギスは幼い頃両親を失い△、結婚した兄を頼っている。その兄は妻に家出をされ、幼い息子ヨハンを手元に残していた。兄が働いている間、時間のあるギスが時々ヨハンの面倒を見、時にジョンテに面倒を見させることもあった。
 一方、ジョンテの方はギャンブルに明け暮れた父は、金融業者に多額の借金を抱えたまま、愛人と姿を消し、母は借金のかたにマンションを取られ、ジョンテと二人必死に生きてきた。母にとってはジョンテだけが心の支え。ジョンテが不良のギスと付き合うことを快く思ってはいなかった。
 そんな、将来の展望の開けない二人にもちょっとした夢があった。ジョンテはドラムが得意。上手くすればミュージシャンになりたいという夢を持っている。一方モデルガンが趣味のジョンテは、いつか実物の銃を手に入れることが夢。本物の銃さえあれば、全てが上手く行くと信じている。
 そんなジョンテは洗車でお金がある程度貯まったところで、本物の銃が買えると聞き、ギスから足りないお金を借りて買おうとするが、あっさりお金をだまし取られてしまう。そんな頼りないジョンテだが、たまたま友人と入った特殊浴場でモデルガンを使って騒ぎを起こしたことがきっかけで、その特殊浴場に就職を果たす。ようやく就職できて、助けて貰ってばかりだったギスにも大きな顔ができるように思いきや、実はその特殊浴場の社長は、母親がマンションを奪われ、一時体も奪われた、キム社長だった...
 やがてジョンテが特殊浴場で働くある女の子に惚れたことが契機となって、大きな事件を引き起こすことになる。

 ギスもジョンテも家庭的に恵まれず、そのことが高校からのドロップアウト、さらに社会的落伍者の道を方向付けた。そんな中二人はほんの僅かな希望、文字通りの夢にすがって現実社会をやり過ごすしか手段はない。そんな中で支え合って何とか暮らしていこうとする二人の友情を描く... という地点まではよい。ただ、その苦闘が、結局二人のパーソナルな人間関係、友情関係や自己犠牲の浪花節に収斂してしまった点が、映画の視点のスケールを殺いでしまっている。社会的ハンデを受けて、一旦社会から落後してしまうと這い上がる機会が極めて少ない韓国の蟻地獄社会に対する何らかの社会的視点、批判的視点があっても良い様に思う(この蟻地獄社会という点では日本も人ごとではなくなっている)。
 音楽や雰囲気作り、映画作りのセンスは非常に感じるのだが...

原題『우리에게 내일은 없다』 英題『Boys of Tomorrow』 監督:노동석
2007年 韓国映画

DVD(韓国版)情報
発行・販売:Fantom Entertainment 画面: NTSC/16:9(1:1.85) 音声: Dolby5.1 韓国語
本編: 93分 リージョン3 字幕: 韓/英 片面ニ層 2007 年 9月発行 希望価格W

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国映画『俺たちに明日はない』 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる