yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 相変わらずのホン・サンスワールドの炸裂 『よく知りもしないで』

<<   作成日時 : 2009/11/15 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 文化人の端くれである男が、あっちの女、こっちの女とふらふらさまよい歩く姿を描く、青少年観覧不可の相変わらずのホン・サンスワールド。今回の主人公はキム・テウ。

 芸術映画監督のク・キョンナム(キム・テウ)は、堤川(チェチョン)で開かれる映画祭の審査委員として呼ばれ、ソウルから堤川に赴く。そこで映画祭組織委員であり、英語も達者な魅力的な女性コン・ヒョンヒ(オム・ジウォン)に出会うが、彼女は彼を半分見下すような態度を取る。夜は組織委員や映画人たちと飲み会で飲んだくれ、昼は映画の審査なのだが睡眠不足気味で半分寝ている状態。そんないい加減な態度で審査に当たっていたある日、偶然に旧友のブ・サンヨン(コン・ヒョンジン)に8年ぶりに出会う。彼とはかつて映画を共に作った仲であったが、2、3年前故郷の堤川にいた父親が亡くなり、そのまま彼がやっていたレストランを引き継いでいるという。共に食事した後、審査に戻らなければと帰ろうとするキョンナムをサンヨンは、自分の家に寄って行けと無理矢理連れて行き、そこで彼のソウルメート(짝)だという夫人ユ・シン(チョン・ユミ)を紹介される。
 しかし、酔っぱらってサンヨンの家に泊ったキョンナムは、サンヨンのソウルメートの筈であるユシンと関係を持ってしまう。当然友人は激怒し、キョンナムは堤川にいられる状態ではなくなり、映画祭実行委員会にはソウルに急用が出来たので残りの映画はDVDで送ってくれれば見ておくと言い残してソウルに逃げ帰る。逃げ帰ろうとする直前コン・ヒョンヒから酒の席で泥酔してキム監督に強姦されたのに、なぜその場で止めなかったのかと散々なじられ、踏んだり蹴ったりの目に。
 その20日後、今度は先輩のいる済州島の大学に特別講義を頼まれ、済州島に赴く。しかしク・キョンナムは相変わらず懲りずに、堤川と全く同じ状況を繰り返すことに... 実はそこで偶然にかつて共に留学に行こうとした女性、コ・スン(コ・ヒョンジョン)と出会うことになるのだ。

 文化人の端くれの劣等感と優越感に韓国特有の先輩−後輩関係の秩序がない交ぜになった微妙な立場や感情の動き、その場その場で懸命に女を口説きまくる浮気男(바람동이)の可笑しいまでの微妙な描写は相変わらず。その辺りの微妙なユーモア感覚は、エリック・ロメールの優柔不断男が女性を前に右往左往様を描いた『四季の物語』シリーズと通ずるところがあるともいえよう(もっともエリック・ロメールの場合は男はやらないで逃げてしまうところが情けないのだが、こっちはやっても情けない)。

 本作品は第22回東京国際映画祭(2009年10月)で国内上映された。韓国では2009年5月封切り、観客動員数は39417名。1)

1)マックスムービー 韓国ボックスオフィス情報 2009.9.20
http://www.maxmovie.com/movie_info/boxoffice_detail.asp?oid=6114

原題『잘 알지도 못하면서』 英題『Like You Know It All』 監督: 홍상수
2008年 韓国映画

DVD(韓国版)情報
発行・販売:PRE.GM 画面: NTSC/16:9(1:1.85) 音声: Dolby5.1 韓国語
本編: 126分 リージョンALL 字幕: 韓/英 片面ニ層(2枚組) 2009 年 9月発行 希望価格W25300




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
相変わらずのホン・サンスワールドの炸裂 『よく知りもしないで』 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる