yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国メロ映画 『11番目のお母さん』

<<   作成日時 : 2009/06/22 08:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 2007年に公開された韓国のメロドラマ映画。母親に死なれた男の子と継母との心のつながりを描いた作品。韓国における興行成績は今ひとつだったようだ。韓国のユーザ評を見るとNaver映画では比較的ユーザの評価が高く、シネ21のサイトでは低めに出ている1)。

 舞台は韓国のタルトンネ。ジェスは幼い頃母親と死に別れ、父親と二人暮らしだが、この父親がろくでなし。日がなゲームセンターで遊んだり酒を飲んだりぶらぶらし、どうも詐欺まがいのことをやっては金をかすめて生活しているらしい。その分ジェスは歳不相応に大人びて食事の支度をしたり家事をして家を切り盛りしている。学校の宿題の日記には行きもしないのに母親とエバーランドに行ったなどと嘘を書き...
 そんなある日父親が例によってまた素性の知れない女を家に連れ込んで、11番目のお母さんだと紹介する。いつものようにまたいつか売り飛ばそうとどこかで引っかけてきた得体の知れない女だ。ジェスは父親に言われて「母さん」と呼びかけるが、女はむかつくから「母さん」と呼ぶなと言い放つ。そのうえ1日中家でごろごろし、家事もせず、ジェスが買ってきた食べ物を横取りするばかり。ジェスは、ある日女が家で注射をしているのを見つけ、「麻薬まで...」と思い、慌てて注射器を取り上げ薬も捨ててしまう。しかしそれは誤解で、実は女は糖尿病でインシュリン注射をしているのだった。仕方なくなけなしの貯金をはたき、薬局で薬と注射器を買い直すジェス。
 しかし、ジェスが日記に嘘を書いているのを見た女が、一度行ってみれば、と言ってジェスをエバーランドに連れて行く。帰ってきたジェスが書いた日記を女が盗み見ると、ジェスはとても幸せだったと書いているのを見て、気丈に振る舞いながらも寂しさいっぱいのジェスの心を知る。さらに、ジェスが生母から貰い大切にしていた絵本を父親が怒って焼いてしまったのを見てジェスを庇おうとする女。彼女自身も孤児で親の愛情を知らずに育ったのだ。
 いがみ合っていた二人の気持ちがようやく通じ合った矢先、女は自分が糖尿病だけではなく癌で余命が幾ばくもないことを知る。これ以上ジェスに迷惑をかけられないと、女はキムパブをたくさん作り、ジェスの家を後にする...

 DVDの付加映像を見るとキム・ヘスがインタビューでこの映画は実話が元になっているというようなことをちょっと言っていたのだが、DVDには元になった実話がどういうものなのか詳しい情報がない。インターネットを検索して見ると2003年12月に亡くなった母親と半年間暮らしたソン某君の話をモチーフに作られたという記述を発見した2)。ただ、その話が映画紹介等に詳しく書かれていないところを見ると、大幅に話は翻案されているものと思われる。
 また難病ものかという気もしないでもないが、いがみ合っていた継母と子供の和解、そして社会の底辺に生きる者同士の相互扶助的視点がオリジナルか。個人的には社会的バックグラウンドの記述が不十分な点が不満。例えばおそらく子供は生活保護の様なものを受けて暮らしていたのだろうが、それとの関わりはどうだったのかとか(あの食券とは何だったのか。何枚も集められないとキムパブ一つ買えない食券は一体行政の支援だったのだろうか...?)、なぜ保護の網の目から抜け落ちていたのか(あるいはそもそもサポートの体制がないのか)とか、なぜジェスはあのような境遇をそもそも甘受せざるを得なかったのか、という辺りが納得できず(敢えてお涙頂戴的設定にしているのではないかという疑いが...)、今ひとつ感情移入できなかった。
 あとは子供と女が心を通わせる過程に説得力を感じられるかどうか、この辺りで本作品に対する評価は2分しそうだ。

監督のキム・ジンソンは日本でもDVDが出た『サプライズ』、興業大失敗作『コチルマル』と来て、本作が長編3作目。

原題『열한번째 엄마』 英題『11th Mother』 監督: 김진성
2007年 韓国映画

1)Naver映画 http://movie.naver.com/movie/bi/mi/basic.nhn?code=65433
シネ21 http://www.cine21.com/Movies/Mov_Movie/movie_detail.php?id=21755

2) http://ask.nate.com/qna/view.html?n=6022474&sq=%B1%E8%C7%FD%BC%F6%B8%F0%B4%F8%BA%B8%C0%CC&bw=

DVD(韓国版)情報
発行:KD Media 画面: NTSC/16:9(1:1.85) 音声: Dolby5.1 韓国語 本編: 分
リージョン3 字幕: 韓/英 片面ニ層 2008年3月発行 希望価格W11000(2009.1限定廉価盤)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国メロ映画 『11番目のお母さん』 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる