yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 奇抜なプロットで見せる韓国映画『セブンデイズ』

<<   作成日時 : 2009/03/22 08:42   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

画像 子供の誘拐事件を題材にした2007年韓国映画。観客200万人以上のヒットを記録したらしい。奇抜なプロットや俳優の演技力、スピード感など勢いで見せる力のある映画であり、多くの人が楽しめる娯楽作品に仕上がってはいるが、細かい部分を検討し始めると疑問符のつく部分も多い。

 勝率99%を誇る女性弁護士ユ・ジヨン(キム・ユンジン)。しかしある日彼女の娘ヒジンが誘拐された。犯人の要求は金と思いきや、死刑確実と言われる濡れ衣を着せられた被告を無罪にしろという異例の要求。その被告はチョン・チョルジン。女子大生チャン・ヘジン強姦殺人の容疑者であった。しかも最終審判の日まで7日しかない。
 ジヨンは当初警察に通報するが、全ての動きが犯人に筒抜けでありヒジンの安全を考えると犯人の要求に応えるしかない。早速チョルジンに会い弁護を受託し、およそ素行優良とは言えない、汚職容疑で危機に陥った幼なじみのキム刑事(パィ・ヒスン)を救って助手に仕立てチョルジン弁護作業に着手する。
 事件を調べ始めると極めて奇妙な事が分かった。現場の痕跡から犯人には非常にずさんな面と極めて緻密な面の二面が混ざっている。チョルジン以外に誰か真犯人がもう一人いたに違いないと踏んだジヨンはもう一人の容疑者を追い始める。しかし、その途端ジヨンの身に危険が降りかかる。この事件には権力がらみの危険な臭いが立ちこめる。
 一方ジヨンの弁護受託のおかしな経緯に疑問を抱いた幼なじみのキム刑事は...

 とにかく意外な事件設定、異例の犯人像等、奇抜なアイディアで見せる一方、先も述べた様に合点のいかない点も。例えばどうやって犯人はジヨンや警察の動きを完璧に監視できたのかなど、よく考えると説明不足、設定の練りの不足などのアラも多い。しかしそのあたりのアラを力業で考えさせない様にしている部分もあるので、緻密な推理ドラマを期待する人には期待外れの面もあるだろう。緻密な論理構成よりもむしろ感情に訴えるドラマ作りとなっている。

 一方人物造形に関しては、特に不良刑事であるキム刑事のキャラクター設定が俳優パク・ヒスンの演技と相まって非常に魅力的。汚職に手を出すなど品行方正からほど遠く人間的な弱みを抱える人間であるが、その彼が幼なじみであるジヨンの行動を心配していく過程には人間的な魅力が溢れている。

 だが何よりも筆者が個人的に気になった点は、本作品のヒットは韓国の社会意識の保守化傾向の反映ではないかという点。韓国はここ10年以上死刑の執行がなく事実上の死刑廃止国として認定されている。細かく述べるとネタバレにつながりかねないので述べないが、本作品のヒットはそのような情況に対するいらだちの反映ではないかという点が、本作の感情に訴える作品作りと相まって一番気がかりである。

 ともあれ、本作品のリメーク権をハリウッドが買ったという話もあり1)、一度ご自分の目で評価を下されることをお薦めしたい。日本未公開作品→日本公開決定しました。下記に公式サイトリンク付加。

1)中央日報日本語版2007.11.13
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=92809&servcode=700&sectcode=730

原題『세븐 데이즈』英題『Seven Days』監督:원신연
2007年 韓国映画

DVD(韓国版)情報
販売: KD Media 画面: NTSC/16:9(1:1.85) 音声: Dolby5.1 韓国語 本編: 125分
リージョン3 字幕: 韓/英 片面二層 2008年3月発行 希望価格W27500 (2009.1廉価版W11000発売)

『セブンデイズ』公式サイト(日本)
http://www.7days-movie.jp/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『依頼人』 - 韓国最初(?)の法廷ミステリー映画
 DVDのパッケージには「大韓民国最初の法廷スリラー! あなたを陪審員に招待します!」とキャプションが書かれている。本当に韓国で最初の法廷ミステリー映画なのかどうかは良く分からないが(『セブンデイズ』や『イテウォン殺人事件』でも結構法廷シーンはあったように思うが...)、ともあれ最近作られる韓国映画で法廷もの映画が少ないことは確かであろう。 ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2012/04/21 07:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
管理人さんこんにちは。
『セブンデイズ』のヒロインの女性弁護士ユ・ジヨン(キム・ユンジン)は、米ドラマ『LOST』に出演している韓国人夫婦の妻サン(サンファ)役の女優さんですね。
『シュリ』にも出演していたんですね(遠い昔に見たので内容がさっぱり浮かばない

シーンによってものすごく可愛らしく見えたり、オバサンっぽく見えたり、不思議な魅力のある女優さんですが魅力的で情報を集めている時にこの作品の情報を得て鑑賞しました。

、出だしから緊張感を途切らせない展開で話す韓国語も速く観るのが大変でした。
でもテンポよく、飽きさせない編集で、新しい韓国サスペンスの傑作なのでは?と今は感じております。
さて日本での公開は…
seridog
2009/03/24 09:22
コメントありがとうございます。
そうなんです。スピード感と緊張感溢れる展開で一気に見せるのですが... 見終わった後、あれ、どうやって犯人は弁護士の行動監視が可能だったのかなぁ...と思うと夜も眠れない(笑)
yohnishi
2009/03/24 17:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
奇抜なプロットで見せる韓国映画『セブンデイズ』 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる