yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国人の心象風景の原点の一つ 映画『夕立(ソナギ)』

<<   作成日時 : 2009/02/26 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像 1979年コ・ヨンナム監督作品で小学生の初恋を描いた映画。DVDのライナーノートによると、本作品は封切り当時さほど興行成績を残せなかったが、韓国映画史上初めてベネチア、ベルリン映画祭に招待されることで人々に知られるようになり、その後何度もTV放映されることで、韓国人の心象風景の原点に位置付く作品となった。日本でもヒットした『猟奇的な彼女』でも本作品が引用されている。原作はファン・スンウォンの同名の古典的小説。

 田舎に住む小学生の男の子ソギ(イ・ヨンス)はある日、小川で少女に出会う。彼女は村の名望家ユン家の孫娘ヨニ(チョ・ユンスク)。自動車事業をやっていた父の事業の失敗でソウルから父と共に祖父母の家にやってきたのだ。彼女は村の学校に転入してくるが、村の子供たちは垢抜けたヨニに何となく近づきがたく、ヨニはいつも一人川端で遊んでいるのだった。
 ヨニは、川を渡っていたソギと友だちになりたくて川の石を彼に放るが、彼は石を受け取ったままそそくさと通り過ぎてしまう。彼も彼女が気になっていたのだが垢抜けたヨニに気恥ずかしい思いを抱いていて近寄りがたかったのだ。しかし、彼は彼女が放り投げた石を大切に自分のポケットにしまっていつも持ち歩いていた。
 そのうち、ヨニをいじめる村の子供たちに喧嘩を挑んだりして、そのことがきっかけになり、ソギとヨニは村の裏山に二人で遠足(デート)に出かける。森で、二人で遊んでいると通りがかりのおじさんが「夕立が来るぞ」と声をかける。「こんなに晴れているのに?」と驚くヨニに、「こんな日に夕立が来るんだ」と答えるソギ。山から下り出すとやがて夕立がやって来る。落ちていた枝を集めて雨よけを作り二人でその中で雨宿りする中で、ソギはヨニの体温を強く感じる。
 楽しい時間を過ごした二人だったが、体の弱いヨニは風邪を引き寝込んでしまい、学校もしばらく来ることはなかった。ヨニに会いたくて毎日川端の橋の近くでヨニを待つソギ。しかし彼女は一向に現れない。何日か経ったある日、まだ病気の治りきっていない体でヨニはソギを待っていた。そこで彼女はソギに、家でチェサをやった後、親の都合で再び引っ越すと告げる...

 小学生同士の幼い初恋の初々しい甘酸っぱい思いと運命に翻弄されるそのはかなさが巧みに描写されており韓国人の心象風景の原点となるのも十分納得できる作品。

 本作品を撮ったコ・ヨンナム監督は1935年忠清北道水安堡生まれ。シネ21のデータベースによると、1965年の『最後の情熱』がデビュー作で2000年の『絵日記』まで59本の映画がフィルモグラフィーに載っているが、データベースの記事によると108編の映画を演出したという。データベースに載っているもののうち60年代が7編、70年代が32編、80年代が16編、90年代以降が4編。本作品がコ・ヨンナム監督の代表作と言えるだろう。

 なお、韓国版DVDは韓国映画マスターピースコレクションとだいされたシリーズで、字幕なし。パッケージには画面4:3とあるが、実際にはアナモルフィック収録。但しマスターはアナログビデオで解像度面ではぱっとせず、以前に紹介した『ガリレアの結婚』とほぼ同等。画像のダイナミックレンジも狭い。また上映時間は100分とあるが、実際に映像のタイミングを見ると87分であった。字幕はないので韓国語が分からないと苦しいが、方言はないので多少ヒアリングに自信があれば十分聞けるだろう。ともあれかつての名作がDVDで見られるようになったのは喜ばしいが、できれば韓国映像資料院あたりでデジタルマスターで出してもらえないだろうか。

原題『소나기』英題『The Shower』監督:고영남
1979年 韓国映画

DVD(韓国版)情報
発行: SM Screen 販売: New Media Park 画面: NTSC/16:9(1:1.85) 音声: Dolby2 韓国語 本編: 100分
リージョンALL 字幕: なし 片面一層 2008年8月発行 希望価格W


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
韓国映画『夕立』 リマスター版DVD発売
 コ・ヨンナム監督の1970年代の名作『夕立(&#49548;&#45208;&#44592;)』のリマスター版DVDが韓国映画資料院より出された(販売 Blue Kino)。『夕立』は韓国の国語の教科書に採用されるほど有名な短編小説。それを映画化した本作品もヒットし、386世代の心に残るなつかしの名画として有名。『猟奇的な彼女』でも引用されていた。  すでにブログで紹介したように、本作品は他社からDVD化されていたが、本来100分近い上映時間だった作品が、テレシネしたプリントの状態... ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2009/11/01 23:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国人の心象風景の原点の一つ 映画『夕立(ソナギ)』 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる