yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ミスターマンマ』 - 韓国の男性育児啓蒙映画

<<   作成日時 : 2008/11/28 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像 監督カン・ウソク、製作シン・チョルという1990年代の韓国映画を引っ張っていったゴールデンコンビによる申シネ製作の1992年度韓国映画。この二人は、現在はバラバラに活動してはいるが、当時は『幸福は成績順じゃないでしょう』、『トゥーカップス』など、社会啓蒙的意味づけを持ちながらもエンターテインメント性を失わない、当時の韓国社会を引っ張っていくような映画作りを行っていたコンビ。
 本作品はまだまだ男尊女卑的傾向が強かった1990年代前半の韓国に於いて、男性の子育て参加をテーマにした娯楽作である。この映画の日本語字幕版のフィルムは韓国文化院が所有しており、東京近郊の韓国映画ファンの中には韓国文化院主催の無料映画会で観覧された方も多いかと思う。主演はチェ・ミンスと先日惜しくも亡くなったチェ・ジンシルのやはり当時のゴールデンコンビ。
 今回申シネ20周年記念と言うことで韓国で初めてDVD化された。

 典型的な亭主関白、家事育児は女の役割だと思っている映画会社勤務のイ・ヒョンジュン(チェ・ミンス)は、連日の飲み歩きで毎晩帰りが遅い。ある日、息子の泣き声で目覚めて、妻に何とかしろと呼びかけると返事がない。あきれかえった妻は家出をしてしまったのだ。仕方なく息子を会社に連れて行くのだが、当然皆に良い顔されない。
 くたくたになって家に帰り、寝入りばな息子の鳴き声でたたき起こされる。お手伝いさんを頼めば頼んだで逆に心配になり、妻の実家に預ければ預けたで心配になって四六時中電話を掛けて、妻の母に嫌がられる始末。再び子供を会社に連れて行くことに。
 そんなある日家でした妻から連絡が。ところが妻は海外に留学に行くという。さらに会社でも息子を連日連れてくることが問題に。そんな中同僚のミス・キム(チェ・ジンシル)が見るに見かねて手伝うように。しかし手伝えば手伝ったで問題が起こりヒョンジュとミス・キムは喧嘩することに...しかし喧嘩しながらもミス・キムはヒョンジュの父性愛、責任感の強さに惹かれ始め...

 ともかく、子育ての大変さや、父性愛の美しさなどの社会的啓蒙メッセージを込めた、今となれば多少センスは古いながらも、当時の韓国映画としては上質のコメディ映画に仕上がっている。と同時に子育てが当時の韓国社会に於いてどう見られていたかを証言する貴重なフィルムにもなっている。
 また全盛期のチェ・ジンシルの活躍と、まだまだ若かったチェ・ミンスの活躍ぶりも今となっては懐かしい。

原題『미스터 맘마』 監督: 강우석
1992年韓国映画

DVD(韓国版)情報
販売: Enter One 画面: NTSC/16:9(1:1.85) 音声: Dolby2 韓国語 本編: 102分
リージョン3 字幕: 韓/英 片面一層 2008年9月発行 希望価格W16500

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
チェ・ジンシル主演『マヨネーズ』-韓国映画-
 女優のチェ・ジンシルが10/2自殺で亡くなった。今回はチェ・ジンシル追悼ということで彼女の主演作品を紹介。本人は経済的にかなり苦労した子供時代を送ったと聞く。かつて韓国でお嫁さんにしたい女優ナンバーワンだった彼女が、このような形で亡くなって大変残念だ。 ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2008/12/19 21:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ミスターマンマ』 - 韓国の男性育児啓蒙映画  yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる