yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国映画『銀河解放戦線』

<<   作成日時 : 2008/11/06 19:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 今年の東京国際映画祭で公開されたらしいので、映画そのものの紹介は省略。
 脚本&監督はユン・ソンホであるが、この人はかなりロジカルなタイプ。この映画で何を主張したいかはかなりクリアに分かる。映画の中でも何度も繰り返されるが、意志の「疎通」。しかしコミュニケーションの過剰により逆説的に疎通が出来ない状況、さらに映画を作りたいのに、投資が集まらなくてなかなか作れない状況、映画が作れないのに、脚本が進まなくて作れない状況、日本の俳優に出演できるよう色々お膳立てしているのに、最後の最後で肩すかしを食ってしまう状況。とにかく意志はあるのに、メッセージが過剰で疎通できないフラストレーション状況を、からかってクスクス笑いにつなげている。

 そういう意味ではテーマ的にはかなり面白い題材を取り上げている。ただ映画的な魅力に溢れているかというと...個人的には、うーんと唸ってしまう。まずキャラクターに魅力が私にとっては今ひとつ。ヨンジェ監督役のイム・ジギュはそれなりにはまっている。ただ、彼がトラウマに掛かってしまう、振られた元恋人ウナ(銀河)に個人的にはあまり魅力が感じられない。魅力的なキャラクターはいるのだが、重要な役から外れている...

 この映画には色々なアイディアが詰め込まれているし、何を描きたいのかも明確なのだが、そのアイディア過剰が映画的魅力につながっていないというか、映画的意思疎通不全に陥っているような感じ。もっともそれが狙いで、メタ映画を成立させる、という壮大な構想なのかも知れないが、自分だったらもうちょっとシンプルに整理するなぁ、というのが実感。

 この映画監督の映画的資質は大島渚から政治的ファクターを引いたような感じである。

原題『은하해방전선』 監督: 윤성호
2007年 韓国映画

DVD(韓国版)情報
販売: Fantom Entertainment 画面: NTSC/16:9(1:1.85) 音声: Dolby5.1/2 韓国語 本編: 101分
リージョン3 字幕: 韓/英 片面二層 2008年10月発行 希望価格W22000

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国映画『銀河解放戦線』 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる