yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 小学館から新たに出た『日韓辞典』(1)

<<   作成日時 : 2008/10/04 15:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 小学館から新たに日韓辞典が出た。すでに出ている小学館の「朝鮮語辞典」(韓日辞典)は韓国の金星出版社と共同編集で韓日辞典として日本人にとってベストだとの定評が高い。実は同時に韓国と共同編集された日韓辞典は存在するのだが、なぜか小学館からは刊行されず、韓国側の金星出版社からのみNEW-ACE 日韓辞典として刊行されている。これ以外は、大半は韓国側の編集で必ずしも日本人にとって使いよいとは言えなかった(なお、韓国側で定評があるのが民衆書林刊行の日韓辞典。日本では三修社からリプリントされて発売されている)。

 それが先月末ようやく朝鮮語辞典の編集スタッフが関与した日韓辞典が刊行された。といっても金星のNEW-ACEのリプリントではなく、全く別編集となっている。大きな違いはNEW-ACEは朝鮮語辞典とほぼ同じ分量、2300ページ弱、収録語彙数が約8万となっているのに対し、新しい日韓辞典は、総ページ1200ページ強、収録語彙数は4万2千と少ない。ただ用例を多めに収録しているという。因みに民衆書林編集のエッセンス日韓辞典(第2版)の語彙数は11万5千、2800ページ強。中辞典では最強の語彙数を誇る。
 韓国側編集の日韓辞典を引いていて一番困るのは、韓国語の訳語が必ずしも韓国でよく使われている表現とは限らないこと。特に日本語の漢字語はその漢字をそのままハングルに直したケースがある。従って日韓辞典に出ているからといってそのまま使うと、韓国人に「?」という顔をされてしまう点である。この点は日韓共同編集のNEW-ACEも民衆書林の辞書よりはましであるが、やはり同じ問題点を抱えている。
 例えば日本語の「汚職」を見てみよう。

NEW-ACEの例
画像



これには、오직, 독직という訳語が当てられている。因みに오직は汚職の韓国語読み、독직は瀆職の韓国語読みである。しかし戦前の日本には汚職という言葉は存在せず、瀆職という言葉を使っていた。それが「瀆」の字が当用漢字、常用漢字から外れたため、その代用として汚職という言葉が戦後発明されたのだ。
韓国の漢字語は日本語と共通のものであっても当然日本の戦前の漢字語と共通なのであり、従って、瀆職という言葉は使われても、「오직/汚職」という言葉は戦後日本の文書の不自然な直訳以外あり得ない言葉である。それだけではなく副詞に오직(ただ、ひたすら)というまったく同音異義語が存在するので紛らわしい用法である。
 この項目の下の方に、参考として「瀆職」を直した言葉、との注釈が韓国語で書いてあることはあるのだが...

日韓辞典の例
画像





それが、新しい日韓辞書では、오직という訳語は排され、독직(瀆職)および공직지 비리(公職者非理=公職者の不正)という訳語が当てられているので不自然な直訳語は排するという編集方針は採用されている様だ。



小学館日韓辞典
小学館

ユーザレビュー:
待ちに待った日本人学 ...
やっと出たという感じ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小学館から新たに出た『日韓辞典』(1) yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる