yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS カン・ジファン主演 - 韓国映画『訪問者』

<<   作成日時 : 2008/10/17 00:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像 二人の社会順応できない男性の邂逅と再生を描く作品。第22回シアトル国際映画祭新人監督審査員大賞受賞作。

 ホジュン(キム・ジェノク)は映画学の大学非常勤講師。妻子があったが、妻に離婚され現在ワンルームマンションに一人住み、自暴自棄になって自堕落な生活を送っている。子との面会日もすっぽかしてホテトル嬢を呼ぶ有様。ゲサン(カン・ジファン)は熱心なキリスト教徒であちこち伝導に歩いている。ホジュンのワンルームにも伝導のため立ち寄るのだが、ホジュンに信仰など関心がある訳はなく、けんもほろろに追い出してしまう。
 ところがある日、ホジュンのワンルームの調子の悪かったトイレのドアが完全に故障し、彼はトイレの中に閉じ込められどうにもならなくなってしまう。そこへたまたま伝導のため立ち寄ったゲサン様子がおかしいのに気付き、鍵のかかっていなかった家のドアから中へ入りトイレのノブを壊して、ホジュンを救出する。
 その日からインテリだが信仰やモラルとは縁遠いホジュンと、信心深いゲサンのちぐはぐなつきあいが始まることになる。

 ホジュンはもちろんだがゲサンも真っ直ぐすぎて若干社会不適応気味。無神論者のホジュンと信仰厚いゲサンが互いのちぐはぐな気持ちをぶつけ合いながらも、ホジュンがゲサンの実家に出かけたりする中で互いの境遇に理解を深め、自暴自棄になっていたホジュンは自分の人生に前向きになっていくと共に、最終的には信仰上の理由から良心的兵役拒否をするゲサンをホジュンが支えていく境地にまで至ってく過程を描いている。

 では無信仰だったホジュンはゲサンの影響でキリストに帰依することになったのだろうか?映画の中ではそのあたりは明示されていない。単に自分と異なる生き方をしようとする相手の生き方を友人として尊重する様になった、とも解釈できるし、やはりキリストに帰依したからこそ前向きに生きられる様になった、との解釈もあり得るだろう。

 個人的には、ホジュンが変わっていった理由が多少説得力に欠けている様な気がする。母一人子一人のゲサンの境遇を見たから...? かといってキリスト教に帰依する様な決定的な理由がある様にも(私からは)見えない。確かに韓国人の和解パターンの一つとして、異なった意見を正面からぶつけ合いながら感情を晴らし和解していく、という日本人には考えにくい和解・相互理解の行動パターンが存在する1)。従ってこの映画で描かれているのもそういうパターンなのかな、という気もするが...

1)その例として、渡邉真弓(1999)「韓国のおばちゃんは偉い」晶文社、に描かれている例がある。

原題『방문자』英題『Host & Guest』監督:신동일
2005年 韓国映画

DVD(韓国版)情報
販売: Art Service 画面: NTSC/16:9(1:1.85) 音声: Dolby5.1/DTS 韓国語 本編: 92分
リージョン3 字幕: 韓/英 片面二層 2008年8月発行 希望価格W25300

カン・ジファンファンクラブ(日本)公式サイト
http://www.so-net.ne.jp/kangjihwan/

他の韓国映画に関する記事
http://yohnishi.at.webry.info/theme/fc194a0a1f.html



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
韓国男性社会批判の視点が強い『私の友達、その妻』 -韓国映画-
 『訪問者』『バントゥビ』を撮った、シン・ドンイル監督の長編第2作目。韓国社会における、多少男色めいた男性至上主義的な社会風土を批判しようという意図が明確な作品。 ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2010/01/12 14:08
『視線を越えて』 - 韓国国家人権委員会啓蒙映画第5弾
 『6つの視線 (邦題: もしあなたなら)』以来、韓国国家人権委員会が企画した啓蒙オムニバス映画の「視線」シリーズ第5弾(アニメ版を除く)。率直に言って、このシリーズは第1弾がかなり出来が良かったものの、その後は部分的に出来のよい作品はあっても、全般的にはユーモア不足だったり、バラエティ色を強めると、メッセージが弱かったりと第1弾を超えるものはなかったというのが私の感想だが、今回は第1弾に肉薄する出来。 ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2012/04/17 12:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カン・ジファン主演 - 韓国映画『訪問者』  yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる