yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 小泉元首相引退...

<<   作成日時 : 2008/09/25 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 このまま何をやっても晩節を汚すだけだと良く分かった千両役者の引退だ。政治という舞台での美学をよくわきまえている。

 その対極にあるのが福田前首相。火だるまになるのを覚悟でわざわざ火中の栗を拾い、実際に火だるまになって辞めてしまった。マスメディアや国民からは無責任の大合唱。小泉元首相に比べて大根役者ぶりをさらけ出してしまった。

 だが、私は千両役者の小泉よりも、大根役者の福田元首相の方を買いたい。あの時期は、誰が自民党総裁になっても、ミソをつけるのが自明の状態であった。有力な総裁後継者候補が総裁(首相)になれば、その人の評判が地に落ちるのは目に見える状態。そこをあえて自らを省みず首相となり、有力後継候補がダメになるのを、身を以て防いだのだ。辞任の時期も、無責任と叩かれたが、自民党の総裁としては、民主党の総裁選効果を消失させるためにもあの時期しかなかったろう。そういう意味では、自民党の一員として捨て身の美学であえて泥を被ったのだ。「あなた方には分からない」と言いたくなる気持ちも良く分かる。役者としては大根だったかも知れないが、一人の人間としては小泉より遙かに誠実だ。

 ただ、彼の悲劇は、自民党の総裁としてはベストの行動であったとしても、日本国の首相としてはやはり無責任のそしりは免れない、という点であろう。あくまで自民党の政治家として自民党に殉じた点が、彼の政治家としての悲劇である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小泉元首相引退... yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる